諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2014/09/12(Fri) 15:58
投稿者霧の中のバイカー
タイトルもおっとアブネェー

知床は半島の半分くらいまで人が入っていけますね。その最終地が知床五湖です、籔の上に板を敷き詰めて、熊や自然遺産を傷つけないように人と分離して観光と自然を上手く調和させていますね。その板の道を歩くのですよ、板の道は高さ五〜六メートルほどで周りから高くなっていて景色が見渡せるのです。知床の山々から海へと連なる壮大な景色が北海道を感じさせますな。
さて、知床を後にして一路摩周湖へ・・・・夕方に湖畔の丘に到着、今回は何とも最高の時間と空気に恵まれてこの世の物とは思われぬ天国の景色でござる。遠くはオホーツクの海から知床の山々、山と雲の間から夕陽が・・・日章旗の紅いラインが夕陽から360度広がる様はよくぞ大和のおのこに生まれたものよ。後ろの摩周湖の幻想的な水面、湖面の上には上半分が夕陽に染まり暗い下半分の続きに暗い鏡のような摩周湖が・・・・最高!
こんな美形はないほどに、悩ましき山の連なりうっそうの原生林中心に水をたたえた泉?
あぁ〜今晩は大和おのこになろうほどに!!そして阿寒湖畔のアイヌの踊りに魅せられて今夜も情けに耽る夜となろうほどにのう。 ツヅク・・・・


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -