諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2014/07/26(Sat) 20:27
投稿者レモン
タイトルRe^2: 二度目の北の地

そうですか・・・!
太助さんは、 天は宇宙の成り立ちから、地はモグラの餌のことまで、
知らない事は なにもないのですか!

ラッキー!!(^^)
これからは、勝手に太助さんをわが辞書とさせていただこおっと(^^;)

だけど、ただ一つ、バイカー弁は難解すぎてマスターできなかった??!!

バイカーさんて、どんな顔をしているのかな〜〜??
なぜか、そんなことを真剣に想像してしまってます・・・あはは(^^)
きっと、とっても楽しいひとなんでしょうね・・・!
なんとも楽しいごちゃまぜ弁、かなくぎ流解釈で楽しんでます(^^)

松本にいた時に、「そうずら!」という社長の言葉を聞いて
怒られているのも上の空で、ひどく感動していたことを思い出しました(^^;)

だって、小説で、目で見なれたことばが
なんと、耳に飛び込んできたのですから!!!

方言が大好きです。
おじいちゃん、おばあちゃんと・・・(私もおばあちゃんなのですが(^^;))
お話しをしていると
あたたかく、包み込んでもらっているような気持ちになりますね。
だから、なんでもいいから、方言が大好きです(^^)

松本での思い出・・
松本では、「飛んで行く」って普通に使われていたのに驚きました。
飛んでって
走ってってことなのだと分かったとき・・・わらった・・・(^^;)

大好きな人に早くあいたくて、飛んで行くからネって
昔、よく使った記憶が・・(^^;)
飛んで行くことなんてできないから
こころが飛んで行く意だったのだけど

松本にいたら、へたに飛んで行くなんて言えないんだ・・・
ほんとに走って行かなくちゃいけないのだから
なんて、ちょっと笑ってしまいました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -