諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2012/06/08(Fri) 15:10
投稿者千鳥前輪バイカー
タイトル奥能登旅ちどり

昨日の今日とて何やら目眩が・・・・昨日は悪さも何もしてござらぬに、いかなることや!
お酒も呑まぬにお金も掛けずにほろ酔いとはこれまた贅沢な。
気を取り直して、愛馬に鞭をひとシバキ。パオォーンといななき機嫌もよく能登路へと手綱を向ける。
まだ雨がしょぼふる能登の日本海
やがて何時もの輪島に蹄を預ける。朝市は三々五々閉まっておろうが、観光化されてもおばちゃんと掛け合いの冗談話は昔のままよ。
でもその周辺は年々情緒がなくなって、綺麗なのだが、どこかさみしさが・・・・・・。

輪島を後にやがて千枚田の景色が目に留まる。
海岸線から急な坂に面して田んぼが重なる、日ノ本の原風景でござるがの、一歩目線を引けばあいも変わらず観光化の波でござるよ。

ここからは日本の三大美形海岸線でござる。観光化はできぬはずでござるの。
美しきことこの上なき事よ!
曲がりくねった海縁の道で何度止まって見つめたことか。これほど二枚目バイカーに見つめられればじゃ、夕陽でなくとも、真っ赤に染め抜くこと必定なり。
しかし、今はお昼前、この地よりランプの宿で名を馳せておる宿屋を見学しようとぞんずる。

能登半島の一番右の端っこ、海にとんがった処にごじゃるきに。宿の上から眺めると、例えれば、丹後の舟屋を見下ろしているようでござる。

海岸に洞窟があり、其処に温泉があるのじゃが。
各部屋は離れになってござって、部屋の前にはプライベートプール。ここでバイカーらしく
離れと言うことは、いくら夜中に騒いでも叫んでもいいのだわ!!

このような美しき宿屋でこのような卑猥なことをば考える、バイカーは流石おのこなり!

さて、時は過ぎて、ここは軍艦島  駐車場に愛馬を繋ぎ、島の近くまで飛び石状態で歩んでいけるのじゃ。真正面から見れば、戦艦三笠のようなりりしい姿なり。
ここで、遅い昼飯じゃとて。

海鮮物にお口から・・・よ・だ・れ
さて、暗くなる前に宿屋に入らなければの。処はあの ワッ!暗温泉じゃ

宿屋のくだりは股の日にいたそうぞなもし。・・・・・ツヅク!!!!!!!!


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -