諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2011/07/29(Fri) 09:55
投稿者我は海の子バイカー
タイトル赤穂浪士

先日、正確には18日に急に赤穂の海が見たくなり申して、高速を飛ばしてきたがよ。
行きも帰りも時速30里くらいでぶっ飛んだがよ。長時間半そでで風に腕をさらすとよ、
止まると産毛がざわつくのだがや。三分くらいはザワザワと逆立った毛がよ元に戻ろうとするのが感じれるのだわさ。
海はさすが瀬戸内海、道は崖の上 海風が涼やかでごわすぞなもし。
ここで、さくらぐみ とか言うナポリ料理を食そうと考えてたんだがよ、どうも通り過ぎた様だわ。まぁーエエか!次の機会もあるで、走ることが目的のようなもんだで、ここわ武士らしく諦めて後ろは見捨てて、相生から高速でぶっ飛んで帰阪しましたでござ候。
なにせ思い立ったのが、朝立ち イヤイヤ午後立ちだったがよ、二時に出て、五時半には帰阪いたしたで、約72里のスゥートリップ あいや ショートトリップだったが 瀬戸内の海はバイカーをなでなでしてくれよった。
場所を間違えてなでなでしてくれたほうがよかばってん、金子もかかるで、頬でガマンでござ候。
赤穂のお城はパスしてくじゃったきに、またの機会で見学してこように。拙者も武士!赤穂の浪士諸兄には尊敬もあっぱれもござったで、次はきっと網膜に映してごじゃるきに。
さて、お次の旅日記はお盆の蓼科徘徊記となるであろうきに、請うご期待あじゃれや!!


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -