諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2010/07/20(Tue) 08:53
投稿者皆、生きるバイカー
タイトル皆生○ぅとりっぷ

日本海の夏は入道雲と大山の雄姿で始った。
中国豊中から落合経由米子まで高速の旅。日射病になりそうな梅雨明けのお日様の強かことよ。途中で水分補給と二個チン欠乏によりて休み休みかっ飛ばす。しかし田舎の太陽は元気だことよ。バイカーのか弱きお肌をばジリジリと遠赤外線にて焦がしてくれる。どうせ焦がすならバイカーの恋心をば焦がせよな。
さて、米子の街も久しぶり。道が良くなってきておるぞなもし。皆生の門をくぐり、バイカーの好きな真昼の歓楽街を抜け、海岸線に沿って今晩の宿に着く。夏の日本海は穏やかで優しい。水平線が球形の惑星を偲ばせる。この海の向うは、隠岐・・・・北朝鮮と続く。
宿に荷物を預け、美保ケ関・七類・ゲゲゲの里、境港と巡る。二十年ほど前に初めてこの地を訪れし時はすでに、水木しげるロードはあったがや、現在はすっかり観光化されてなにやらつまらなくなっておったがや。国鉄の駅舎もマンガチックに変貌しておったがや。
帰り道、境港水産センターにて美味そうな干物を持ち帰る。今夜の肴にしてくれようぞ。
・・・・・・続く。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -