諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2009/08/17(Mon) 09:35
投稿者旅烏バイカー
タイトル伊良湖はメロン畑

無事帰阪申したぞよ。
暑さはここ数年でもましな方でござった。朝夕は涼しいくらいで、海を渡る風は清清しく(まるでバイカーのようでござるよなもし)伊勢湾からの太平洋は地球が丸いことを実感できるものでござるわい。
往路は何時もの西名阪、ここは国道でござっての、料金は掛からぬが凸凹道でバイクでは気を使うのでござるわい。
関ジャンクションからは伊勢自動車道に入るのじゃが、ここは気分良くかっ飛ばせるので「カラス」に十分気を付けて神宮を過ぎて鳥羽の少し前で一般道へ・・・・・。渋滞が待っておったわ。
そうそう、途中松坂で下馬いたしたのぉ。何でじゃとな?肉を食したくなったのでござるわい。{なんとかかんとか」という有名で歴史のあるお店に行こうとしたのじゃが・・・渋滞が待っておったわいな。まぁー普通のステーキや(バイカーもすてーきや!)でくらったのじゃが、なにわの肉屋の方がうまかっぺ!本居宣長の居宅あとなど見物して一路伊勢湾フェリーへとぶっとんじゃのだわい。
真珠の宝庫ではあるのだが、バイカーに真珠。そう何の意味もないのでござる。
バイカーの特権であるところの順番待ち飛ばし。で列の先頭で待つことしばし、洋上の人となる。右に太平洋、左に伊勢湾、知多半島を目指し・・・・名古屋の町は遠く霞の中半田半島はその先っぽが見えておったでござる。
何ともすずやかな、心も気分も日本晴れ!!バイクの旅は何時もこうでなければ。
旅の途中の美形は特別に美しゅうござ候なりや!!!色目使いは何時ものこととて、その色目も色メガネを通して見てござるゆえ総天然色でござるわな。
最近はのぉーま白き薄目のズボンが余計に「そそる!」はぁ〜な・ま・め・か・しぃーーーー!
ほどなく伊良湖に付いて灯台を見て(遠くからしか見れぬがの)恋路が浜を見ながら太平洋の波音を聞きながら潮風に吹かれて磯の香りとともにアスファルトを疾走いたしたのでござるぞよ。そこの美形の姫御!バイカーと二ケツと洒落こもうではござらぬかえ?
恋路が浜でござるゆえ・・・・・・・!!!!
つづく・・・・・・・・・。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -