諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2009/06/10(Wed) 09:21
投稿者忘れた頃のバイカー
タイトル 旅は道ずれ股ずれッテカ!!

白馬では何年か前の冬季オリンピックで使用したジャンプ台を見に行きました。
北アルプスの麓にあるジャンプ台は自然の山肌を削り何とも言えぬ曲線美!あのふくよかなわき腹の線を思い出させてくれまするぞ。
ジャンプ台の上からの眺めは高所恐怖症のバイカーにはちと荷が重かろうて。しかもここからスキーで滑り落ちて飛んでいくなどとは自殺ものでござろうて。
エッ!あんたの高速ブットバシのほうが危険とな。
人にはそれぞれ得手不得手があるもんじゃとて。
エッ!あんたの得意はアッチのほうだろうに!なるほど、皆の衆はそんな風に感じておるのですな。誤解でござる。妙齢のあなたの魅力が悪いのだ!バイカーはその力に屈してござろうよ。
わき道はこれくらいで、白馬の宿は冬季にはスキー客用のペンションで、季節はずれはあまりお客さんがいませんゆえ、大事にされますぞ。
ご馳走を腹いっぱいにして、夜遊びするところなどござらぬによって、宿の主人夫婦と会話を楽しんだでよ。
ここの主人もバイカーでござっての、宿の前には三台の愛機が鎮座しておったで、バイカーの鉄馬を見て「正統派の単車ですね。カワサキは私も好きですよ。」と言われておりんした。なるほど、主人の愛馬はカワサキW1とホンダCB1300と懐かしきヤマハDT250でした。ダブルワンには試乗させていただきましたがよ、なんともバイカー好みの爆音で、エンジンの中の爆発が感じられてよか心地でござったわ。
夜も飯を喰らいながら、酒を煽りながら、談議に花が咲いたのは言わずもがな。でごんした。年齢もほぼ同じで40台で脱サラして、今の仕事に就いたということで、出身は東北とのことで、寒さも慣れていられる様子でした。
翌朝は糸魚川までワインディングを颯爽と愛馬を御して川沿いの爽快な道を日本海目指して駆け抜けるバイカーでござ候。・・・・つづく


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -