諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2008/09/10(Wed) 19:04
投稿者真髄バイカー
タイトルRe^3: おつなものかえ一人旅

今日は早起き(だって夜が寝るためにあることを知らされたんですもの)草千里から阿蘇の噴火口へと走り、草千里は別に何ともなかったのであるが、火口はすごいです。すり鉢状で地獄の底までまっしぐら。硫黄の香りが漂って、煙でもなく蒸気でもない、白い浮遊物が底から青空に上がっています。感動!暫らく佇む。イオウソフトクリームはなくて、諦める。
火口より外輪山に向かって愛馬に鞭をくれる。ドコドコドコドコ・・・・・今は何処!
うねりうねりて、我が人の道なりき。後ろは振り向かず、ただひたすらに前を目指す。
前だけを見て走ることをば、「向こう見ず」と言いますが、バイカーは向こうばかり見ているので、向こう見ずではないのでありんす。
やまなみハイウェーは予想通りすばらしく爽快なり。今回の愛馬はターンパイク向きではないのでござるが、それはそれなりに楽しめるのでありんす。がり股で峠を攻めるバイカーは不恰好なれど、そこは顔でカバーいたすで、ご心配はござらぬわい。ナヌ〜、顔も含めて心配とな!これ如何に!顔が出ないバーチャルって好き!!ジーチャルは顔が指すでのぉー。
途中、景色に感動すること草草、イヤもとい、しばしば。ご同慶の皆様、熊本においでの節は是非この道を走ってくじゃれや。車よかーなるべくは鉄馬がよかろうて。
今日は今日とて温泉じゃがな。かの有名な「湯布院」でずら。湯の香漂う、よかとこでごんす。日のある内の温泉は二回目でござるが、バイカーの一糸まとわぬ姿がよく見えるでのぉーこりゃまたおつなものでござるきに。
最近の湯布院は観光化されていて、昔ののどかで、人の情けが沁みる風情ではなくなってはおるがの。
滑々お肌になって、気分一新、夜の街、ゲップ、イヤイヤ、別府へと鞭を入れるバイカーであったのだ。
夜の別府は次回と致そう・・・・。楽しみは、ながぁーく延ばすほどいいもんじゃでな。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -