諸国漫遊記 ・ 道場(スポーツ)
国内外の旅のつれづれや、熱狂スポーツを語るコーナーです。
[シニアキャンパーズクラブ]もこちらをご利用下さい
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2008/08/30(Sat) 15:30
投稿者キワモノバイカー
タイトルRe^3: おつなものかえ一人旅

バイカーのバイク旅は際どいものでござるぞ。人生タイトロープを渡るが如し。一つ間違えれば、地獄の底が待っているのでござるきに。ひよこ姫、何時も成功とは申さぬが、試してガッテン!当たって砕け散るのもよかろうて。
佐賀はまっ平いらな草原があって、毎年冬になると熱気球の世界大会があるそうな。空一面に気球が舞い上がるそうな。次回は冬に訪れようかと思う。壮観な熱気球の舞う景色を見たいものでござるよな。
伊万里焼を見たのでござるがバイカーには「殿に美女」イヤ猫に小判でごわす。
ここは長崎、ハウステンボスに来てござる。運河が巡り、建物はバロックロココ調でその風情はオランダのようでござったな。海辺には港があって平戸から九十九島を巡った船が港から直でハウステンボスに入れるとのことでごんす。大村湾の北の端で長崎よりむしろ佐賀、福岡のほうが近いと感ぜられる。運河を巡る船に乗って見える景色はなんとも異国情緒たっぷりで、そこを日本人ばかりが歩くのも変なぐわいでござるかな。
ここから長崎は遠いのでながいはできぬと大村湾を南へと下り長崎に入り候。
思案橋で思案などせずとも、美味しい酒とおなごは星の数ほどござろうて。
長崎の地で星を眺めて、誓いの言葉「今夜こそ!」


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
パスワード [半角英数字で8文字以内(自己投稿記事の修正・削除用:必須))]
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -