[リストへもどる]
新着記事

- 新着記事10件を表示しました -

投稿時間:2017/05/01(Mon) 10:56
投稿者名:島んちゅうバイカー
タイトル:沖縄は今日も黄砂だべ
当然美形と言いたいところですが、空気、海、人、太陽、離島、歌、飯、酒
一度八重山に行けばその魅力にイカレまんがな。移住したくなりまんがな。
そうそう、おなごもね!

投稿時間:2017/05/01(Mon) 09:05
投稿者名:太助
タイトル:Re: 沖縄は今日も黄砂だべ
バイカー氏が魅せられた沖縄。
毎回楽しく読ませてもらっていますが、
沖縄には何があるんだろうと感じながら読んでいます。

投稿時間:2017/04/17(Mon) 16:00
投稿者名:しまんちゅうバイカー
タイトル:沖縄は今日も黄砂だべ
何故か神戸空港から沖縄へ、人と飛行機が少ないのだ!スカイ何とか?と言う飛行機会社で空の人となったが、そして那覇、那覇、那覇バスで高速道路移動、なんと!辺野古を通って対岸のなんチャラ リゾートにて四泊しかも九人でずら、リ、ゾーットしまんがな。
夜は辺野古沖に船が(コーストガード)大型クレーンの瞬く光を見つめて・・・・(お足が足りまっかいな?)
飛行機もプロペラなら九人で扇風機持ってればよ故障しても何とかね??ところがジェットなんだがよ、九人の「屁」でもって火をつけたらよ、飛んで行くかね??なんやかんや考えてたら着いたがよ。
神戸の飛行場はホント!早く手続きできて、駐車場も少ないし特定の場所ならば便利だがよ。
さて、続きは大痛ッのゲップ、イヤイヤ別府に行きまんで。

投稿時間:2017/01/15(Sun) 02:05
投稿者名:太助
タイトル:Re: 高山は高い山??
> 陣屋といって、代官や郡代が仕事をしていた屋敷を一時間かけて見学したのじゃが、風景が見える如く、時間が遡っておるの。いい所じゃ

高山の陣屋を初めて訪れた時、なにか胸にぐっとくるものがありました。
白土三平の「カムイ伝」の世界が脳裏にうかんだからでした。
百姓たちの命を賭けた訴えの凄味と、一揆を弾圧する幕府のえげつなさに想いを馳せ、
熱くなったのを今でも覚えています。

投稿時間:2017/01/07(Sat) 12:12
投稿者名:ヒダヒダバイカー
タイトル:高山は高い山??
一月五・六と高山にいきゃんした。雪などなく、少し暖かい高山を散策したぞえ。
まだまだ古い町並みが残る、京都や萩とも違う、共通点は観光を生業としてる街、と言う点かな。
最近では萩の街並に感動したのじゃが、高山のそれは少し趣の異なる、幕末から明治の香りが残っておったの。
陣屋といって、代官や郡代が仕事をしていた屋敷を一時間かけて見学したのじゃが、風景が見える如く、時間が遡っておるの。いい所じゃ
やはり旅行は国内じゃとて、毛唐は野蛮じゃとて。
しかし、観光客の半数が東南アジア、そこだけが気に入らん!貧相なんじゃ、奥ゆかしさのかけらもござらぬ。世が世なら無礼討ちじゃ!バイカーは神の国の武士!!じゃ。

投稿時間:2016/10/28(Fri) 23:13
投稿者名:太助
タイトル:Re: 松下村塾
松下村塾も訪ねられたとのこと。
サムライバイカーが感慨深くたたずんでいる構図が見えました。

吉田松陰は若いころから好きでした。
松陰の歌の中から二首。
  親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ
  身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし大和魂

投稿時間:2016/10/24(Mon) 09:15
投稿者名:晋作バイカー
タイトル:松下村塾
白壁の道を歩き、高杉晋作の実家を訪ね、木戸孝允そして吉田松陰の私塾である松下村塾と訪ね、江戸から明治維新へと続くクデタァーの跡を訪ねました。萩の街を歩けば曲がり角の向うから二本差しに髷姿のお武家が現れそうでござるきに。
去年訪ねた津和野と近所であるきに、三日もあれば情緒深き街を訪ねられるでしょう。

投稿時間:2016/10/11(Tue) 16:31
投稿者名:鉄馬車バイカー
タイトル:武士は武士!
バイカーともあろう硬派が軟弱な新幹線と車で萩へ・・・・・。
旅籠は昔の家老宅の隣にある上級武士の屋敷跡。足軽頭の分際でこのような立派な屋敷に泊まり露天温泉と晩飯は部屋にて食し温泉は何時でも入れるように下着ははかず、浴衣を脱げばオールヌードに爪楊枝をばぶら下げてよ気持ちよくお湯を使わせていただいたげな。
ピクピクと断末魔の烏賊を食して河豚はあぶねぇーきに相方に食べてもらったがよ。
昔から河豚は怖くて野菜しか食べれなかったが、未だに無理だ!
喜んで毒を食べるなんざー勇気があるベェー。
翌日は武家屋敷跡や白壁の続く細い道を歩いて訪ねたんだわさ。     つづく・・・!

投稿時間:2016/10/10(Mon) 18:16
投稿者名:お気楽奉行・太助
タイトル:メンテナンス完了
『諸国漫遊記・道場(スポーツ)』コーナーは、
niftyの新ホームページlife.coocanへの
移動メンテナンスが完了しました。

このページは移転後の新しいページです。
使い方は今まで通りです。

投稿時間:2016/09/26(Mon) 09:29
投稿者名:単車乗りバイカー
タイトル:(お)萩は美味しい?
バイカーたるものは乗ること自体を目的としまんにゃわ。どМのバイカーは苦しい方がうれぴでござろう。
輪行は昔はさかんに乗ってはおったがの、最近は殆んど乗っていなかったぞなもし。
鉄鳥も沖縄によく行くようになってからは、恐々乗っかっているのだがよ、こぇーの怖くネェーの、落ちれば付属で命まで落っこちるがや、だいたいやねぇー鉄が空とぶなんざぁー黒船が浮かぶよかービックリ仰天だがや。
明日の用意、三度傘、振り分け荷物、ワラジ、にぎり飯、竹水筒、これで完璧でずら。
慶長から明治に至るときの流れをよ感じてくるがよ。かんじるぅー!!