[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2016/09/18(Sun) 15:52
投稿者名:長州バイカー
タイトル:
九月の終わりは(お)萩へ
お萩の美味しい時期かの?ナヌ!バイカーは追い萩とな!松下村塾や高杉晋作、桂小五郎等等の家をば覗き見(デバガメ)してこようと存ずる。街の風情がまだまだ時代を失わないでいちょるがよ。以前はバイクでいてこじゃったが、このほどは国鉄でござるよ。
不便でござろう、萩まではなにわの地より五時間以上はかかりまんがな。昔はそう、長州征伐の折は何日かかかっておったがよ。江戸の終わり頃には製鉄所もあったが、レンガ造りの反射炉でよ、関東にもありまっしゃろが。反骨精神の塊で長州魂は出来ておりゃんした。
股旅のくだりは何れおまたでの??

投稿時間:2016/09/25(Sun) 23:50
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 九月の終わりは(お)萩へ
バイカー氏の行間から吉田松陰の萩を感じておりました。
今回は鉄路でしたか。
バイクよりは楽でしょ?
山陽道、山陰道は長州と出雲にまだ行ったことがありません。

投稿時間:2016/09/26(Mon) 09:29
投稿者名:単車乗りバイカー
タイトル:
(お)萩は美味しい?
バイカーたるものは乗ること自体を目的としまんにゃわ。どМのバイカーは苦しい方がうれぴでござろう。
輪行は昔はさかんに乗ってはおったがの、最近は殆んど乗っていなかったぞなもし。
鉄鳥も沖縄によく行くようになってからは、恐々乗っかっているのだがよ、こぇーの怖くネェーの、落ちれば付属で命まで落っこちるがや、だいたいやねぇー鉄が空とぶなんざぁー黒船が浮かぶよかービックリ仰天だがや。
明日の用意、三度傘、振り分け荷物、ワラジ、にぎり飯、竹水筒、これで完璧でずら。
慶長から明治に至るときの流れをよ感じてくるがよ。かんじるぅー!!

投稿時間:2016/10/11(Tue) 16:31
投稿者名:鉄馬車バイカー
タイトル:
武士は武士!
バイカーともあろう硬派が軟弱な新幹線と車で萩へ・・・・・。
旅籠は昔の家老宅の隣にある上級武士の屋敷跡。足軽頭の分際でこのような立派な屋敷に泊まり露天温泉と晩飯は部屋にて食し温泉は何時でも入れるように下着ははかず、浴衣を脱げばオールヌードに爪楊枝をばぶら下げてよ気持ちよくお湯を使わせていただいたげな。
ピクピクと断末魔の烏賊を食して河豚はあぶねぇーきに相方に食べてもらったがよ。
昔から河豚は怖くて野菜しか食べれなかったが、未だに無理だ!
喜んで毒を食べるなんざー勇気があるベェー。
翌日は武家屋敷跡や白壁の続く細い道を歩いて訪ねたんだわさ。     つづく・・・!

投稿時間:2016/10/24(Mon) 09:15
投稿者名:晋作バイカー
タイトル:
松下村塾
白壁の道を歩き、高杉晋作の実家を訪ね、木戸孝允そして吉田松陰の私塾である松下村塾と訪ね、江戸から明治維新へと続くクデタァーの跡を訪ねました。萩の街を歩けば曲がり角の向うから二本差しに髷姿のお武家が現れそうでござるきに。
去年訪ねた津和野と近所であるきに、三日もあれば情緒深き街を訪ねられるでしょう。

投稿時間:2016/10/28(Fri) 23:13
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 松下村塾
松下村塾も訪ねられたとのこと。
サムライバイカーが感慨深くたたずんでいる構図が見えました。

吉田松陰は若いころから好きでした。
松陰の歌の中から二首。
  親思ふこころにまさる親心けふの音づれ何ときくらむ
  身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし大和魂