[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2016/05/31(Tue) 17:23
投稿者名:屋久島バイカー
タイトル:
さて、明日は・・・・・・・?
イヨイヨ明日から屋久杉を観てまいるきに。おまんたちに良い土産話しでも語ろうかの。縄文杉、弥生杉やら歳取り杉、酒呑み杉、おなご好き杉、色々と、いや、エロエロと見てくるきにの。

投稿時間:2016/06/06(Mon) 09:02
投稿者名:縄文バイカー
タイトル:
屋久島は今日も雨だった
伊丹を飛び立って90分、雨の屋久島空港でずら。急ブレーキで1500メートルの滑走路の端で止まったぜよ。なにせ一年370日雨が降る島だんべ。海岸線から即急に立ち上がる山!しかも高い、冬には雪もある。麓は亜熱帯、山は亜寒帯、岩石の島、雨は岩肌をすべり滝となる。
千尋の滝(せんぴろと読む)は岩肌をすべる滝、大川(おおくわと読む)の滝は落差88メートル、幅11メートル滝つぼの側まで行けるのだがよ、しぶきで濡れ鼠でやんしょ。
ホテルは900メートル級の岩肌丸出しの山がそそり立つ、さきっぽがよ、とんがってまるでバイカーの様な男らしい山の麓だんべ!!海側は地球がまん丸なことが解る高台で、太平洋が広がって雄大な眺めでやんすよ。また、温泉がよすべすべぬるぬるで三日も入れば、よかおごじょ、よか隼人でごわす。続きは後日にの

投稿時間:2016/06/07(Tue) 12:28
投稿者名:紀元バイカー
タイトル:
屋久島の今日はドピーカン
ホテルの朝は使わなくても腰痛バイカーってか?午前五時に目が覚めると、其処には真っ赤に染まるモチョム岳とたなびく雲。海は太平洋がまぁーるく広がり、ぬるぬるの温泉に入りながら悦に籠もるバイカーであったのじゃ。
朝は遅めにホテルを出て、白谷雲水峡とか言う苔むす処をば歩き細い根やら苔で覆われた岩場を滑らぬように抜けて無事バスの中。
其処から西部百貨店ではなくてじゃな、西部林道(何と!バイカーと同じ世界遺産だとよ)を小型のバスで走ったのじゃよ。海の向こうには口之永良部、屋久島特有の猿や鹿が時折姿を表わすのじゃ。
夜はバイカーノ夜遊び、じゃあなくて、海亀の産卵を真じかに見て感動、十秒に一つポトリポトリと砂浜に掘った穴の中に産んでおるのだわ。前足で深さ30センチ以上はあるかの、産み終わると今度は後ろ足でカモフラージュじゃ、埋め戻すのでござる。これで終わらぬのじゃど、人間がすぐに掘り起こして安全な処に移動して玉子が壊れぬようにして守っておるのでござる。見学が終わるのは夜中じゃど!バイカーの遺伝子を玉子に入れそこなったではござらぬか!ナヌ、そこの美女連、そのほうが世界平和の為とな?フムフムさもあらん!!
では、また明日じゃな、ソーロング

投稿時間:2016/06/09(Thu) 10:01
投稿者名:名残惜しきバイカー
タイトル:
屋久島の最終日
三日めの朝、遅い目にホテル発 今日は屋久杉ランドから屋久島自然館と巡る。屋久杉ランドは自然のままの林の中を歩くのであるが、二時間ほどかかる。所々に屋久杉があってじゃ(屋久杉とは直径一メートル以上なければならない)、で屋久島は岩で出来た島なので、養分がないのです。で一年で成長するスピードが遅く年輪間が短いので太さの割りに樹齢が多いのです。細いのに時間はかかっておるのです。一メートルになるのに千年かかります。ちなみに縄文杉で7200年ですよ!自然館は屋久島の現状と歴史を見れます。屋久杉を運ぶのにどれだけ大変だったか、とか、台風や自然との闘いとかを観れますよ。
大阪伊丹と屋久島は直行便がありますが、扇風機で飛んでいますので、時間は90分かかります。
屋久島の印象は、一口に言えば「ジェラシックパーク」と表現するのがいいでしょう。
岩山と原生林と滝から成っています。日本にこんなところがあるんだ!!
一度は行ってみても後悔はしませんよ。   では、また次回はどこに行きましょうか?

投稿時間:2016/06/19(Sun) 18:54
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 屋久島の最終日
屋久島の旅、興味深く読ませていただきました。
バイカー氏の旅は神出鬼没。
大地といわず離島といわず、悠久の時間をも飛び越えて。
今回は縄文杉の屋久島を訪ねての旅日記。
さて次はどの地を彷徨っているやら、楽しみです。