[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2014/12/10(Wed) 16:24
投稿者名:先島バイカー
タイトル:
二度目のヤイマ
来年の一月は暖かい八重山に行こう。
鉄馬を捨てて、鉄鳥でカッ飛んで行こうぞな!
今年の一月に行けなかった所を中心に、しかし全部などとは言いませぬが、石垣の北部から川平、鐘乳洞後は西表は牛車に乗って、仲間川でリバークルーズでござろう。
そして、一番の目的である小浜島へ、今年ここで出遭ったおなご、イヤイヤ中年の歌い手にぞっこん惚れたでよ。一月に初めて歌を聴いて、四月、八月、十二月となにわの地へ来てくれたがよ。
この歌い手は年に20回程うちなんちゅーを周っておるのだが。
何を隠そうバイカーも歌など歌っておるのだがや!おひねりなど頂いてもよかことござるぞなもし。
では、次回は八重山の旅など書こうぞよ!!

投稿時間:2015/01/29(Thu) 10:13
投稿者名:小浜のバイカー
タイトル:
八重山病
約束通り二度目の八重山に行ったぜよ。二泊と三日の鉄鳥旅行ぞな、ウラ寒き浪速の地より人も気温も温かき八重山へ、何と、何と25度もあり申したぞ!!汗ばんで、と言うか汗を拭き拭き石垣に降りたがよ、借り物の鉄籠で島を巡り、玉取崎と言う何とも男には痛い!気色の悪い、イヤイヤ風光明媚なる岬を観て感激、高台より昼を食べながら、内地なら初夏の風をおかずに胃袋に落とす。
ここから島の最北端、平久保崎灯台へ。東シナ海に伸びた岬に灯台が、ほぼ280度の水平線
目の前は十五の群生、イヤイヤ、サンゴの群生でござったの(おのうの方、掛け算は得意かの?)。天国の景色でござるよな。
そしてこれより南下して川平へと走る。船底をガラスにして産後を、イヤイヤ珊瑚を観るのでござるぞな。海の水はバイカーの如く澄み渡り(そこの御仁何かご不満でも?)天然の熱帯魚が群れるのを上から覗くのである!覗きは得意とな?バカを申しでない!大の得意でござる。
この日の旅籠を探し、美人酒場で盛り上がり、そして明日の日を夢見て・・・・・・つづく

投稿時間:2015/02/04(Wed) 10:18
投稿者名:ハイムルブシバイカー
タイトル:
八重山病 A
二日めは小浜にあるハイムルブシと言うリゾートホテルに今回で二回目のお泊りでござる。
ハイムルブシとは南十字星と言う意味でござる故星星は見事に落ちこぼれ(バイカーみたいとな?)そうなほどにちりばめておったがよ。
この日は小浜に来る前に西表(いりおもて と読む、決して抜き裏とは読まぬ)でマングローブの群生で有名な仲間川のクルージング、そして由布島に水牛車で渡り亜熱帯の植物が天然で群生している小島を見学したでよ。去年は水牛車で竹富島を闊歩しましたがよ、今年は海水の中を隣の島まで渡ったがよ。時間にすると10分くらいかの、由布島はとても小さくて二時間もあれば見学できるでやんしょ。
八重山の島々を巡る船は高速艇で、プロペラではなくてジェット噴水で走る底の浅い船でがんしょ、珊瑚を当らぬように、喫水が浅いのでござる、なにせ船から珊瑚が一杯見えるほど浅くて珊瑚だらけですぞ。海の色はまだら模様で珊瑚のために色々と変化に富んでいますぞよ。時化ると島に渡れなくなり、帰られなくなり、一日帰りが遅くなり申そう。
・・・・・・続く

投稿時間:2015/02/11(Wed) 17:02
投稿者名:しまんちゅうバイカー
タイトル:
八重山病 B
小浜の夜はご贔屓の歌い手と晩飯をたべて酒呑んで、あくる日は少し島を案内してくれて、
港では船が出るまで見送ってくれたがよ。ハイムルブシというリゾートホテルは敷地が広くてゴルフカートでないと移動に時間がかかるので部屋の前にカートを置いてあります。
リゾートなので平屋の赤瓦の沖縄風の建物です。でしかも部屋は贔屓の歌い手様のおかげでスタンダードから海を見晴らせるスイートルームにアップグレードですわ。あくる日は石垣に戻り夜の飛行機だったので色々と観光も出来ました。ヤイマ村を見て日本最南端の鐘乳洞を見て午後十時過ぎに関空へと戻りました。
またすぐに四月までには八重山にまた行きます。移住も考え始めました。いい所です。夏の暑さと台風さえなければ天国です。バイクに乗れそうもないかもね。石垣なら少しは乗れそうですが、一月もすれば飽きそうです。不思議なこと、車のナンバーが「沖縄」しか出会えない。
当たり前か?

投稿時間:2015/02/18(Wed) 13:51
投稿者名:もーいや、やーいまバイカー
タイトル:
三度目のヤイマ
そう、約束どおり四月にヤイマに行くぞよー!今回は目的がありんすので、観光は黒島だけでござる。小浜は必須でごんす、ハイムルロビコン聴かずにどうすべぇーや。石垣のちょっとしたおなごしを紹介していただいて、浪花に帰るぞなもし。
八重山では海開きが3月20日でごじゃる、もう泳げるのですぞ!拙者は海よりおな○で泳ぐ方が得意でござるゆえ、夜釣り専門じゃがの、竿??その様な質問には答えぬ、実地あるのみじゃ!!

投稿時間:2015/07/06(Mon) 14:35
投稿者名:まぁーだまぁーだバイカー
タイトル:
四度目のヤイマ
何と、何と何と今年になって三度目、合計四度目のヤイマでござる。
恋焦がれた人に会いに行くでもなし、特別美味いものもなし、空を飛び海を渡り、小浜島に行くのでありんす。しいて言うなら、島時間を味わいに、満天の星を浴びに、透き通る海を観にハイムルブシという南十字星が見れる島に、これから天国の数多くの愛人に会いに行くまで何回行くのかな?人口500人程の、周囲17キロ程の小さな島、産業はハイムルブシというリゾートホテルと星野リゾート小浜島という同じくリゾートホテルと島一面のさとうびき畑、石垣牛の子供を育てる酪農とおかず程度の漁業かな?那覇から400キロ離れた石垣島の20キロほど西にあるチュラ島です。竹富島の西北10キロほどにありますよ。海は珊瑚一杯のそれはそれは綺麗でバイカーのごとく澄み渡った海でござるぞ。

投稿時間:2015/11/05(Thu) 18:25
投稿者名:天国に一番近いバイカー
タイトル:
四度目のヤイマ訪島
行って来ましたぞよ。関空から石垣直行便そして離島ターミナルから小浜へ、飛行機で二時間半、バスで30分、ジェットホイルで30分、やっとのことで小浜島、そうまるで故郷に帰ってきた感あり!イノーの海を渡り、コバルト色の輝く海、天高く、夕陽は赤く染まりながら西表に沈む。
今回は御神崎と言う東シナ海に突き出た岬を訪ねました。風が、北風が強く春にはテッポウユリが一面に咲く「おかんざき」と読みます。
小浜は細崎と書いて「くばざき」と言う向かえは西表その間にマングローブの生い茂る海峡があります。
今回はもう一つ黒島と言う離島に行きました。
その様子は次回に。

投稿時間:2015/11/11(Wed) 13:24
投稿者名:真っ黒けのケ
タイトル:
ハート型した愛の島
八重山の中で平坦なハート型した島があります。黒島と言います。
人口は200人ほど、自転車で半日ほどあれば観光しながら島巡りできますよ。
石垣からは40分くらいかな、コバルトの実に綺麗な海に囲まれた島です。
人口の十倍は牛がいます。
八重山は今回で四回目の訪問ですが、移住を本気で考えさせるいい所です。
空気・人間・海・空・朝日・夕陽・時間
全てがまったりと、ゆるやかに、優しく、心地よく
海に出れば悩みやストレスはなくなり、寝転がれば吸い込まれる空に囲まれ、
星は本当にまたたいて、その数はまさに天文学的、季節によれば南十字星が見えます。
朝日はその空気の綺麗さを表して澄み切って、夕陽は分刻みでその色を変えて、オレンジから漆黒の闇になるまで変化を続ける。
また来年には五度目のヤイマに行きます。「帰ってきたよ」と言いたくなりますね。