[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2014/07/23(Wed) 14:02
投稿者名:トロッコバイカー
タイトル:
黒部はくろいべぇー
19から21日と宇奈月温泉から立山・黒部・大町と巡ってきたがよ。
大阪からは雷鳥にて富山へ、富山から富山何チャラ鉄道で宇奈月(美形はうなずいていたがよ?)へ白海老食ってうまかっぺがよ!あくる日はトロッコで(バイカーはとろこいてかよ)何とか平ら(ペチャパイ?)までを往復して富山なんちゃら鉄道で立山駅へケーブルかロープウェイで美女ペチャパイへ、バスで室堂に着いて、ロープウェイで黒部に着く。何とも色々な乗り物を利用してダムの、のどでかさを見る。そこからはトロリィーバスに乗って(トンネルばかり)大町温泉に着く。
大町ではあくる日、レンタカーで松本まで観光をしながら特急なんちゃらで名古屋へ、新幹線にて大阪へ。あまりにも忙しすぎて観光したのか早足観光記録を目指したのかわからんばってん。次回は北海道へのんびりとバイク旅でござろうよ。
何故かボケたせいか名前を忘れまくりでござる。なんちゃら、こんちゃら ばかりですら

投稿時間:2014/07/23(Wed) 21:27
投稿者名:レモン
タイトル:
Re: 黒部はくろいべぇー
いやぁ・・・
聞きなれた、懐かしい地名が並んでいて嬉しかったです!(^^)

宇奈月温泉! 平成9年頃、行ったことあったなぁ・・・高い温泉ホテルだった(^^;)
雷鳥・・・平成7年頃、大阪から敦賀のフェリーターミナルに行くときに確か乗って行った!! もう暗くなっていて、景色を見ることもできなかった・・・。
ペチャパイ?・・・え・・・ワタシのこと?・・・あ、アタッテル・・・

大町温泉・・・ああ・・懐かしいなぁ 松本で暮らしていた時によく連れていってもらったなぁ・・・遠い昔になっちゃった・・・また行きたいなぁ
松本・・・道路が北海道と比べ物にならないほど狭くて、右折するのが至難の業だった。

名古屋・・・息子夫婦が暮らしているんですよね。太平洋フェリーで何回か行きました。
運賃がとても安くて、いつまでもたくさん海が見ていられて、船旅は最高です(^^)
また、船旅を楽しみたいです。

北海道はのんびり走るのが一番ですね。
みんな、何を急いでいるんだか・・・(^^;)
猛スピードで走って行ってしまいます。

思わず、もしもし、そんなに急いでどこへ行くんですか?って聞いてみたい〜〜(^^;

北海道にいらしたら、たくさん、楽しんで行ってくださいね!!(^^)

投稿時間:2014/07/23(Wed) 22:45
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 黒部はくろいべぇー
黒部に行ってきたんだ!?
巷では連日30℃を越えていましたが、北アルプスはけっこう涼しかったですか?
黒部から大町へ抜けて、松本巡りかあ!
旅の道中は長くても、バイクで行くのと違って楽ちんだったでしょ?

投稿時間:2014/07/24(Thu) 15:15
投稿者名:北海バイカー
タイトル:
二度目の北の地
もう計画しておるのだがや!フェリーにて敦賀から苫小牧・旭川・大沼・函館・酒呑んでふらふら野・そしてやはりわっからない稚内・またまた直線命で帰ってホタル小樽から船で舞鶴で大阪
結果はまた書きまするでの。レモン姫は北海道ってか?蝦夷地なもし。よかことござるの。
バイカーの日本語はこのサイトのベテランでなければわからんでずら。レモン姫とも一晩共にすれば意思疎通スカスカでござるよし。殿はズルズルスルスルヘロヘロでござるよし。
通訳してくじゃれや。

投稿時間:2014/07/24(Thu) 22:59
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 二度目の北の地
天は宇宙の成り立ちから、地はモグラの餌のことまで、
僕が知らない事は なにもありません。
ただ一つ、バイカー弁は難解すぎてマスターできなかった。
察するに、
田中康夫氏が当時公開していた、
知事の公式日記「ペログリ日記(ペロペロちゃんグリグリちゃん)」
のようなものなのかなと。

投稿時間:2014/07/26(Sat) 20:27
投稿者名:レモン
タイトル:
Re^2: 二度目の北の地
そうですか・・・!
太助さんは、 天は宇宙の成り立ちから、地はモグラの餌のことまで、
知らない事は なにもないのですか!

ラッキー!!(^^)
これからは、勝手に太助さんをわが辞書とさせていただこおっと(^^;)

だけど、ただ一つ、バイカー弁は難解すぎてマスターできなかった??!!

バイカーさんて、どんな顔をしているのかな〜〜??
なぜか、そんなことを真剣に想像してしまってます・・・あはは(^^)
きっと、とっても楽しいひとなんでしょうね・・・!
なんとも楽しいごちゃまぜ弁、かなくぎ流解釈で楽しんでます(^^)

松本にいた時に、「そうずら!」という社長の言葉を聞いて
怒られているのも上の空で、ひどく感動していたことを思い出しました(^^;)

だって、小説で、目で見なれたことばが
なんと、耳に飛び込んできたのですから!!!

方言が大好きです。
おじいちゃん、おばあちゃんと・・・(私もおばあちゃんなのですが(^^;))
お話しをしていると
あたたかく、包み込んでもらっているような気持ちになりますね。
だから、なんでもいいから、方言が大好きです(^^)

松本での思い出・・
松本では、「飛んで行く」って普通に使われていたのに驚きました。
飛んでって
走ってってことなのだと分かったとき・・・わらった・・・(^^;)

大好きな人に早くあいたくて、飛んで行くからネって
昔、よく使った記憶が・・(^^;)
飛んで行くことなんてできないから
こころが飛んで行く意だったのだけど

松本にいたら、へたに飛んで行くなんて言えないんだ・・・
ほんとに走って行かなくちゃいけないのだから
なんて、ちょっと笑ってしまいました。

投稿時間:2014/07/27(Sun) 14:38
投稿者名:太助
タイトル:
Re^3: 二度目の北の地
二十代初めの頃の話なのですが、
松本で年配の看護婦さんからよく「太助さんはゴタだねぇ」とか、
「ズクがないねぇ」と笑いながら言われました。
面とむかって笑顔で言ってましたから、てっきり褒め言葉だとばかり思っていました。

ひょっとすると、信州のほうでは良い男のことを、
「ゴタすけ」とか「ズクがない」とか言うのかな・・・・・と(汗)(笑)。
「♪信濃の国」は、当時、この看護婦さんから教えてもらったんです。
あっ、言っておきますが、この親切な看護婦さんとは清らかな間柄でした(笑)。

投稿時間:2014/07/29(Tue) 09:23
投稿者名:レモン
タイトル:
Re^4: 二度目の北の地
太助さん 読んで またまたちょっと笑いました(^^;)

「ズクがない」・・・あ〜〜懐かしいことば・・・!

私もよく言われました(^^)
仕事中、暑くて暑くて、「あ〜もう死ぬ〜」ってサボっっていたら
「ほんとにもう! ズクがないんだから!」

「はぁ?・・・今、なんて言ったんだ・・・」
ズクって、ズタ袋のこと?(^^;)

「ズクもしらないんだから、無いのも無理がない」と笑われて
一緒に笑っていたら、「根性がないということだ!」と睨まれました(^^;)

太助さんは、素敵な看護婦さんに
「アンタ、根性なしだね〜」って言われてた?!

あ〜〜ごめんなさい・・・(^^;)
方言って、ほんと、楽しいですね(^^)