[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2012/11/03(Sat) 17:28
投稿者名:太助
タイトル:
新蕎麦を食べに(1)
昨年は新蕎麦の登場まで二日早過ぎたために、食べずに帰った。
日を改め、十一月になってから再び食べに出かけたものでした。

今年は十月の月末に狙いを定めて、中央高速の八ケ岳PAへ出かけてみた。
売店の前には「手打ち新蕎麦」の旗がたなびいていた。
三分一(さんぶいち)の新蕎麦は僕を待っていてくれた。
えっ? べつにお前を待っていたわけでもないだろうって?
そうかなぁ・・・・・(笑)。

お店の中は改装されていて、新しい雰囲気になっていた。
調理場の二人のおばちゃんはもともと可愛い感じの人たちなのですが、
お店のリニューアルで、気のせいか彼女たちもさらに可愛いく見えた。
(注意)可愛さの感じ方には個人差があります。
    あくまでも僕にはそう見えました(笑)。

手打ち新蕎麦の大盛りを注文する。
天気は良くなく、窓の外の八ケ岳は雲の中だ。
ほどなく、食券の番号が呼ばれる。
今年の新蕎麦はいつからでしたかと尋ねると、
「五日ほど前からです」と教えてくれた。

汁をつけずに、箸で一摘み口に運んでみる。
美ん味ぇ〜!

投稿時間:2012/11/03(Sat) 19:44
投稿者名:太助
タイトル:
新蕎麦を食べに(2)
愛機ゼロは諏訪湖を見て、岡谷から長野道を北上し松本へ。

松本の街をぶらりとする。
何度訪れてもこの街の落ち着いたところが好きだ。
道行く人たちのほとんどがダウンジャケットなどで冬の装いをしていた。
それにくらべて、シングルウインドヤッケ姿の僕はなんと軽装なことか。
うーーーーー、寒いッ!(笑)

再び高速へ入ったゼロはすぐに梓川PAに着陸。
ドトールのコーヒーを飲みながら、少しのんびりと休憩した。

鼻歌まじりで快調に離陸。
豊科ICは安曇野ICと名前を変えていた。
そうか、安曇野ICになったのか!?

天気は良くはなかったが、姨捨(おばすて)PAでは更埴(こうしょく)の夜景が見られた。
寒いよ〜と震えながらも、ここからの見下ろした夜景は圧巻でした!
夜間に長野道を走られた折は、ぜひ姨捨(おばすて)PAで休憩して、夜景を見るのも良いかも。

調子に乗って、愛機ゼロは長野ICまで飛んで来てしまった(笑)。
鈴なりになった真っ赤な林檎が夜でも分かる。
川中島の古戦場から国道18号線を北上し、街道沿いのお店で夕食。
長野駅近くのコンビニの駐車場で、「私にも言わせて」に書き込む。
ホテルを探し、一日目の旅枕とする。

投稿時間:2012/11/03(Sat) 21:53
投稿者名:太助
タイトル:
新蕎麦を食べに(3)
二日目の朝。
特にどこへ行こうという計画があったわけではない。
あれよあれよと言う間に来てしまった「あれよ旅」である(笑)。

先ずは善光寺へお参りに。
三年前に善光寺に訪れた時は、ご開帳とかいうイベントに遭遇し、
大変な混みようだった事を思い出していた。

小布施(おぶせ)にも久しく行ってないな。
テレビでよく町並みがきれいになったと紹介されるけど、
一丁、行って見てくるか。
竹風堂の駐車場に車を入れ、小雀たちへのお土産に「方寸」を買う。
竹風堂の「方寸」は落雁の一種で、甘みを抑えた上品な味のお菓子です。
けっこう好きなお菓子です。
小布施まで行かなくても、長野市内のお土産屋ならば置いてあるようです。
散歩がてら小一時間ほど町を見て回る。

帰りは来た道をそのまま戻り、須坂のICで高速に入る。

ゲートを通過してすぐの分岐で、「どっちへ行く?」の瞬間決断を迫られた。
うん? このまま戻って家に帰るんじゃないの?

よしッ、新潟へ行こう!(笑)

投稿時間:2012/11/03(Sat) 22:30
投稿者名:太助
タイトル:
新蕎麦を食べに(4)
妙高あたりから冷たい雨混じりの突風が吹きまくっていた。
軽量戦闘機の660cc愛機ゼロは吹き飛ばされそうだった。
上越JCでは金沢への誘惑にかられたが根性で振り切り、
北陸道を北上。
新潟へ向かってアクセルを踏み続けた。

柏崎から西山あたりを通過する時、懐かしかった。

夏に見舞いに来た古い仕事仲間の事が頭に浮かんだが、
面会時間も終わっていただろう時間なので、長岡はそのまま通過した。

新潟に入っても突風は止まず、相変わらずうなりを上げて吹きまくっていた。
ホテルを探し、近くのファミレスで夕食。 

♪思えばぁ遠くへ来たぁもんだ〜(笑)

投稿時間:2012/11/03(Sat) 23:00
投稿者名:太助
タイトル:
新蕎麦を食べに(5)
山梨県に新蕎麦を食べに来たはずだったのが、どこでどう間違えたのか、
三日目の朝を新潟で迎えていた(汗)(笑)。

万代橋から海側は、僕の知っている新潟港ではなく、
近代的なビル群が立ち並び、ややっこしい橋が架かり(笑)、
大きく発展していた。
まるで自分が浦島太郎のように思えてきて、苦笑した。

以前は佐渡航路のほうにあったと記憶しているが、
観光魚市場は反対側に移設されていた。
さまざまな魚が店頭に並んだ雰囲気は昔と同じだったが。
隣の新潟魚協二階の食堂で、対岸の朱鷺なんたらを眺めながら、朝食。
今なお発展中の新潟は勢いが感じられた。

雨だけど紅葉はきれいだったぞの磐越道で、
会津若松から郡山を経て、東北自動車道で帰ってきた。

新潟も福島も、超寒かった!
特に磐梯山PAでは、気温が3℃くらいしかなかった。
猪苗代湖は見えたが、雨模様だったため磐梯山は見えなかった。

磐越道の紅葉は今が盛りで、雨でもきれいだった。
来週いっぱいが見ごろかも。

磐越道の新潟〜郡山間は、今回初めて通ったが、
みごとに紅葉のきれいな区間だった!

投稿時間:2012/11/04(Sun) 11:01
投稿者名:食欲のバイカー
タイトル:
美形を食べに(H)
このような自由なドライブや旅はよかことでござろう、殿!
出発の時は まぁ〜チョコットだけよ、走ってる内に よし!ちょっともっと走ろうか?
目的のない旅は後になって、帰宅してから楽しさが湧いてくるんだべ。
意外な美味しいものや、おいしそうな美形を思い出すのもよかばってん。
これをバイクで走るとまた趣があるのだがや。
初めての道や景色などいかがでござったかの?
拙者もよく「そうだ、あれこれを食べに行こう」「○○美人を食べに行こう」などと純粋な感情が湧き上がって○○○に跨って、○は当然愛馬イナナキ号でごわすぞなもし。
最近はなかなか走れぬが、殿に刺激を貰ったゆえ、伊勢海老、鮑、焼き牡蠣を食べに行こうかの!!

投稿時間:2012/11/06(Tue) 23:04
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 美形を食べに(H)
八ケ岳の三分一(さんぶいち)でなくても新蕎麦は食べられるのですが、
ドライブがてら、かつ、バイカー氏を見習って美形を探しがてらね(笑)。
伊勢海老? 焼き鮑? 焼き牡蠣?
うーーーーーっ、どれも美味そう!

これから寒くなって山道は凍結するから、鉄馬乗りは気をつけて出かけて下さい。
それと、運転中はあまりよそ見しないようにね(笑)。