[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2012/04/22(Sun) 14:40
投稿者名:股旅バイカー
タイトル:
お股で旅する大うつけ
今年のゴールデン玉ウィークはいつもの目的地にしたぞよ。
能登に行こう。金沢にて一泊して、金沢歓行、そして美味しい生もの(寿司でござるぞ!)を食し、翌日は能登を一周、氷見で鰤を食べて一泊、明けてなにわに帰ろうと存ずる。 金沢、能登辺りの美形姫達、手ぐすね引いて待っててくじゃれよ。
歓喜のひと時を過ごそうではござらぬかえ?
関きぃーないてか!そうわざと冷たくするでない!
冷たくされればされるほど、あつぅーいひと時を・・・・・・・・!!!

投稿時間:2012/05/06(Sun) 15:21
投稿者名:雨男バイカー
タイトル:
奥能登旅がらす
何なんだ!昨日帰ってきたら晴天になりやがるし、雨に濡れる為に走ってるんではござらぬぞ!美形を求めてのバイク旅 なのによー雨ばかだんべ。
しかし、世のバイカーどもは元気じゃのー。アメニモ マケズ ビケイフソクニモ モチロンマケズ、タダヒタスラニ カケヌケル あぁー何とも気高き心根よ。

では何れの日にか旅日記などいたそうではござらぬかえ。
もぉー来月には孫が出来るでの、アホばかりしてると孫に嫌われるではござらぬか?
しかぁーし!うら若きお母さんとどんな話で盛り上がろうぞなもし。

投稿時間:2012/05/13(Sun) 09:49
投稿者名:女形谷バイカー
タイトル:
奥能登旅がらす
雨がしょボふるなにわの地を発し何時もの新御堂から名神へ、飛ばすこともできずただひたすらに前を見て車の列(名神駐車場と化した)を尻目にのろのろと60キロくらいで走る。
大津SAで雨宿り、そしてここからは多賀SAまで退屈な田舎の高速を中速道路化した車の群れを注意深く抜かしながら、こんな時は何時もの倍以上に疲れるのだが、雨にぬれねずみのバイカー三度傘姿で、車の衆には羨ましがられて、しかし、本人はしんどいのだがや!多賀では近江牛の一口ステーキをほうばって、元気10倍、少しは隙間の出来た名神を米原から北陸道へ乗り、やがて南条PAで生理的欲求にて(そこの衆、なにもバイカーとていやらしきことばかりではござらぬぞえ)一休み。
尼御前SAで昼飯タイム。尼御前とくればよ、次は女形谷PAでござるよ!ご想像の通り。
美形の右足と左足の間にある「谷」の名前のバイカーには嬉しすぎる名前でござろう?
おまけにそのすぐ前の尼御前なんて想像するだけで武者ぶるいしまんがな。
さて、想像だけではバカみたいなので、今夜のお宿は金沢市内 某ホテル、一人旅烏の身もハートも股座もかるぅーく(なぬ!バイカーは脳天が一番軽いとな!)さもあらん。
さてさて、金沢の夜は更け行くのでありんした。
じゃーまたね・・・・・・・!

投稿時間:2012/05/29(Tue) 17:01
投稿者名:じゃー股ねのバイカー
タイトル:
奥能登旅がらす
雨の北陸は晴れとはまたまた趣があるではござらぬか。
東金沢で下道に降りて、金沢市内を目指す。
某ホテルは国鉄金沢駅の裏手にござって、そこそこ大きくて背もたこーござる。
金沢の宿はほぼいつもここで泊まってござる。

さて、晩飯は?なにせここは日本海、海の幸をたらふく食べねばなるまいて。
寿司!金沢駅の前に以前行ったことのあるすし屋がござる。
そこで初めて(処女)食した「ガス海老」なる何ともウラ甘き海老がありまして、なにわの地ではお目にかかれない海老でござる故、食しましたぞよ。思い出したがよ。
この味でござ候。
と言っても大分前の話でござるが、思い出しても、美形と同じく「涎が・・・・・・」
夜の金沢はイトオカシけれ。趣のある街風情でござるよし。
オス共が想いの限りを吐露いたす街を目指して、いざぁーーーーーー!
またまた よかところで続きとあいなりまする。

投稿時間:2012/06/04(Mon) 14:16
投稿者名:男の中の男バイカー
タイトル:
奥能登旅がらす
あぁーさてぇー、夜の金沢幾多のおなごはごわすとて、小さきスナックかラウンジか、年の頃とて三十路半ばててんてんてん・・・・・!
初めの頃は二人でシッポリ濡れ雑巾・・・・?
話しては歌い、歌っては話、とどめぬ春の宵、トキメク春の酔い
そこへじゃまだていたすオノコ一人、当然地元のママのファン現れ出でたり。
しかし、バイカーも武士、仲良く三人で三Pの夜となったぞよ。
邪魔なオノコと意気投合何時しか時の過ぎ行くままにママよか話に花が咲くではござらぬか
流石バイカーは人類愛に燃えてござ候にて、今夜の酒もまた嬉!
何時も言っているとおりに、バイカーの歌は玄人裸足でござるゆえ、迷惑せんばんとは覚え度も、ふける夜長の友となり、玄人裸足で逃げるごときなりや!
やはり地元の人々との会話は面白き趣ありて、夜半を過ぎても興に乗る。
バイクの一人股旅者とわかっても、なにやら興味深々と看板まで、千鳥足になるまで話し込んだのじゃー!
さて、明日の朝も早きことなりて、宿に帰りて汗を流して明日にそなえる、ててんてんてん・・・・・・・・。ツヅク

投稿時間:2012/06/08(Fri) 15:10
投稿者名:千鳥前輪バイカー
タイトル:
奥能登旅ちどり
昨日の今日とて何やら目眩が・・・・昨日は悪さも何もしてござらぬに、いかなることや!
お酒も呑まぬにお金も掛けずにほろ酔いとはこれまた贅沢な。
気を取り直して、愛馬に鞭をひとシバキ。パオォーンといななき機嫌もよく能登路へと手綱を向ける。
まだ雨がしょぼふる能登の日本海
やがて何時もの輪島に蹄を預ける。朝市は三々五々閉まっておろうが、観光化されてもおばちゃんと掛け合いの冗談話は昔のままよ。
でもその周辺は年々情緒がなくなって、綺麗なのだが、どこかさみしさが・・・・・・。

輪島を後にやがて千枚田の景色が目に留まる。
海岸線から急な坂に面して田んぼが重なる、日ノ本の原風景でござるがの、一歩目線を引けばあいも変わらず観光化の波でござるよ。

ここからは日本の三大美形海岸線でござる。観光化はできぬはずでござるの。
美しきことこの上なき事よ!
曲がりくねった海縁の道で何度止まって見つめたことか。これほど二枚目バイカーに見つめられればじゃ、夕陽でなくとも、真っ赤に染め抜くこと必定なり。
しかし、今はお昼前、この地よりランプの宿で名を馳せておる宿屋を見学しようとぞんずる。

能登半島の一番右の端っこ、海にとんがった処にごじゃるきに。宿の上から眺めると、例えれば、丹後の舟屋を見下ろしているようでござる。

海岸に洞窟があり、其処に温泉があるのじゃが。
各部屋は離れになってござって、部屋の前にはプライベートプール。ここでバイカーらしく
離れと言うことは、いくら夜中に騒いでも叫んでもいいのだわ!!

このような美しき宿屋でこのような卑猥なことをば考える、バイカーは流石おのこなり!

さて、時は過ぎて、ここは軍艦島  駐車場に愛馬を繋ぎ、島の近くまで飛び石状態で歩んでいけるのじゃ。真正面から見れば、戦艦三笠のようなりりしい姿なり。
ここで、遅い昼飯じゃとて。

海鮮物にお口から・・・よ・だ・れ
さて、暗くなる前に宿屋に入らなければの。処はあの ワッ!暗温泉じゃ

宿屋のくだりは股の日にいたそうぞなもし。・・・・・ツヅク!!!!!!!!