[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2010/07/09(Fri) 14:18
投稿者名:旅人バイカー
タイトル:
ショートトリップ
あぁ〜さってー、今年の海の日は足立美術館を見てこよう。大山から蒜山(昼前)宍道湖から中海。宍道湖の夕映えは以前見ましたが、すばらしいの一言でござった。
玉造温泉などとここで子造りをしても男子しか生まれてこぬぞよ。そう、そこのアナタが想像したとおり玉を造る温泉じゃがな。
ところで、足立美術館は日本一の庭園だそうな。グリーンミシュランの三ツ星だそうな。
バイカーも好色ランクでは四ツ星を頂戴いたしておるぞなもし。
天然温泉掛け流しの露天風呂にて鋭気を養い、大山の如く野望に燃え、宍道湖のように深く澄み渡る心で旅を楽しもうではござらぬかえ。
エッ、バイカーがその様な旅で終わるはずもなし、何か仕掛けがござろうほどに!
この項のタイトルは確かショートトリップとなっておろう。実はSUートリップ小屋がこの地にはござっての、その昔ながらの風情おば見学してまいろうほどに。
東京の吉原や浪花の九条ではなく場末の風情が感じたくての。行ってまいるぞえ!!

投稿時間:2010/07/20(Tue) 08:53
投稿者名:皆、生きるバイカー
タイトル:
皆生○ぅとりっぷ
日本海の夏は入道雲と大山の雄姿で始った。
中国豊中から落合経由米子まで高速の旅。日射病になりそうな梅雨明けのお日様の強かことよ。途中で水分補給と二個チン欠乏によりて休み休みかっ飛ばす。しかし田舎の太陽は元気だことよ。バイカーのか弱きお肌をばジリジリと遠赤外線にて焦がしてくれる。どうせ焦がすならバイカーの恋心をば焦がせよな。
さて、米子の街も久しぶり。道が良くなってきておるぞなもし。皆生の門をくぐり、バイカーの好きな真昼の歓楽街を抜け、海岸線に沿って今晩の宿に着く。夏の日本海は穏やかで優しい。水平線が球形の惑星を偲ばせる。この海の向うは、隠岐・・・・北朝鮮と続く。
宿に荷物を預け、美保ケ関・七類・ゲゲゲの里、境港と巡る。二十年ほど前に初めてこの地を訪れし時はすでに、水木しげるロードはあったがや、現在はすっかり観光化されてなにやらつまらなくなっておったがや。国鉄の駅舎もマンガチックに変貌しておったがや。
帰り道、境港水産センターにて美味そうな干物を持ち帰る。今夜の肴にしてくれようぞ。
・・・・・・続く。

投稿時間:2010/07/30(Fri) 10:52
投稿者名:ヒモのバイカー
タイトル:
皆んなで生きよう
昼間の乾物でビールや天才バーかボンを美味しく飲ませていただいた。そして夜の温泉歓楽街へと下駄の音も勇ましく繰り出したのでありんすわいな。何処にしようか?思案しばし。昔イスタンブールにあったといわれるお風呂に決めた!!場末のお風呂はまた格別なりや。
一時間ばかりのお風呂を堪能した後は、宿屋のこんどは露天風呂。風情があるわいの。松林の向うは日本海、波音を聞きながら先ほどまでの風呂とはまた別格の味わいでござる。
夜中に明日の予定を立てる。まずは足立美術館、松江城(松平何がしかの居城)、最後はやっぱ、おむすびイヤ縁結びの神様 出雲大社へ行こうぞなもし。これ以上の縁を結んでどうするの?じゃとな。縁を結び、契りを結ぶ、これは人としての喜びじゃとて、しっかり拝んでおこうぞなもし。
ではでは、明日に続く

投稿時間:2010/08/17(Tue) 09:15
投稿者名:いつものバイカー
タイトル:
出雲のバイカー
早朝から温泉に浸かってすっきりさばさば 今日も朝飯がうもうござる。
今日は朝立ち、イヤイヤ足立美術館へとたずなを向けようと、高速を通るつもりが、ただだったのだ。金子がいらぬことになっておりゃんした。なにやら平成幕府は人気取りばっかしちょるのだがや。なにはともあれ男造り温泉出口をおりゃんした。
田舎道を気持ちよく走っていくとドジョウすくいの里やらなんやらの向うにどでかい駐車場がありんした。早速ソフトクリームをいただき、高い入場券を買ってマスコミに人気の美術館へと入ったのじゃ。美術品は猫に小判、バイカーに男児じゃがな。価値も何にも解らぬによってパス!庭を見たかったのじぁ。しかしのーあまりにも整備されすぎ、人間が多すぎ。
やっぱテレビで見るほうがよっぽど美くしかことよ。
我が故郷 栗林公園(「りつりんこうえん」)のほうがよほど感激いたすぞよ。
やはり名所旧跡はの無名の方がうつくしかことよ。そこの無名の美形の姫御、バイカーにゃよーあーたがたのほうが吉永なにがしよかー、感激しまするぞよ!!だってよ、吉永なにがしかはよー、触ることさへできみゃーに!
さて、話は変わって松江のお城 ここのお城も4050城に負けぬ名城じゃのー。浪花の城とちがっての、風情がござろうて。そして今回の旅の最終目的地 出雲大社じゃがの、やっぱ人が多いきにの、賽銭は一切入れぬバイカーでござるきに、反対にこぼれた賽銭をば猫ババーするのが習慣での短い時間で100円ほど儲けたがや。
奈良の大神神社(三輪大社ともいいまする)の荘厳さがないきにの。縁結びの神様とはいうがの、縁結びは自分でするものでござ候。他力でしても、ちぃーともよかこたぁーござらぬぞよ!!一夜限りの縁結びはバイカーの専売でござるしの。
今回の旅は松江城が収穫でござったわ。また毎度のことではござるが、往復の鉄馬走りが目的のようなもんじゃがの。またの旅日記をご期待アレー!