[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2009/08/17(Mon) 09:35
投稿者名:旅烏バイカー
タイトル:
伊良湖はメロン畑
無事帰阪申したぞよ。
暑さはここ数年でもましな方でござった。朝夕は涼しいくらいで、海を渡る風は清清しく(まるでバイカーのようでござるよなもし)伊勢湾からの太平洋は地球が丸いことを実感できるものでござるわい。
往路は何時もの西名阪、ここは国道でござっての、料金は掛からぬが凸凹道でバイクでは気を使うのでござるわい。
関ジャンクションからは伊勢自動車道に入るのじゃが、ここは気分良くかっ飛ばせるので「カラス」に十分気を付けて神宮を過ぎて鳥羽の少し前で一般道へ・・・・・。渋滞が待っておったわ。
そうそう、途中松坂で下馬いたしたのぉ。何でじゃとな?肉を食したくなったのでござるわい。{なんとかかんとか」という有名で歴史のあるお店に行こうとしたのじゃが・・・渋滞が待っておったわいな。まぁー普通のステーキや(バイカーもすてーきや!)でくらったのじゃが、なにわの肉屋の方がうまかっぺ!本居宣長の居宅あとなど見物して一路伊勢湾フェリーへとぶっとんじゃのだわい。
真珠の宝庫ではあるのだが、バイカーに真珠。そう何の意味もないのでござる。
バイカーの特権であるところの順番待ち飛ばし。で列の先頭で待つことしばし、洋上の人となる。右に太平洋、左に伊勢湾、知多半島を目指し・・・・名古屋の町は遠く霞の中半田半島はその先っぽが見えておったでござる。
何ともすずやかな、心も気分も日本晴れ!!バイクの旅は何時もこうでなければ。
旅の途中の美形は特別に美しゅうござ候なりや!!!色目使いは何時ものこととて、その色目も色メガネを通して見てござるゆえ総天然色でござるわな。
最近はのぉーま白き薄目のズボンが余計に「そそる!」はぁ〜な・ま・め・か・しぃーーーー!
ほどなく伊良湖に付いて灯台を見て(遠くからしか見れぬがの)恋路が浜を見ながら太平洋の波音を聞きながら潮風に吹かれて磯の香りとともにアスファルトを疾走いたしたのでござるぞよ。そこの美形の姫御!バイカーと二ケツと洒落こもうではござらぬかえ?
恋路が浜でござるゆえ・・・・・・・!!!!
つづく・・・・・・・・・。

投稿時間:2009/08/21(Fri) 19:30
投稿者名:マイトガイバイカー
タイトル:
伊良湖はメロン畑
ギター抱えて海風を背中に マイトガイ颯爽の登場でござるきに。
そこのお女中方、押し寄せるでない!整理番号順にバッタバッタとなで斬りにいたすゆえ。
とは言ってみたものの、一人寂しきバイク旅合羽からげて三度傘(ヘルメット)
恋路が浜にて途中休憩。波が浜辺に打ち寄せて遥か向こうから波が順番に砂浜に負い被さる様は、何キロあるかわからぬが、霞の中から白い波が向こうからこちらに寄せてくるではござらぬか。この海の向こうはカルフォルニア  ナイスバディの水着がほんのお飾り程度。そそられ申すわ。とか思いながら誰もいないながーい砂浜を飽きずに見ていたものでござ候
「我は海の子白波のぉ〜」が自然に口からほとばしり出でぬ!!玄人裸足の歌声に酔っているのはバイカーだけか!!ギャラもないのによくやるわいな。
浜辺の向こうはメロン畑。ビニールハウスの中で優しく育てられたメロンが一杯こ!!!
これを食べに来たのじゃわいな。栽培しておったおじちゃんにお金を渡して無理やりに買ったのだ。振り分け荷物の中から短刀をば出してきて、その場で食べたのじゃきに。
流石新鮮そのもの、冷えてはおらぬがオレンジ色の果肉がバイカーを誘っておるわいな。
お応え申そうほどに。
口からあふれ出たメロンジュースをすすりながら、うまかっぺが!!
ホテルにもメロンは売ってごじるがの、やっぱこれが最高でござ候也!!
鳥羽の真珠に目がくらむご女中 真珠は食えぬでの、大きな大きなメロンがお勧めじゃわいな。海産物もホテルの食事の中にふんだんに入っておるぞなもし。
宿屋のご女中も中には美形もおわしてござる。色目流し目、血走った充血目でサインは送るのでござるがの、しらぁ〜ん顔したごじっぺなるきに。しかし、親切なることは流し目の効果なりきや。と思わなければ救いようもござらぬ故。
今回は小高い丘の上の宿屋でござって、太平洋が一望でござる 雄大なことあたぼうでござるわいな。250度太平洋が広がっておるきにの。一度試しに見てみなされい、小さな悩みは吹き飛んでしまうきにの。露天ではござらぬが、大浴場で欲情するでの、太平洋の壮大さにはの。泳いでカルフォルニアまで行ってみたいものじゃわい。

帰りは来た道を逆さまに帰阪いたしたぞよ。違う道を帰るのもおつなものではござるがの、パールロードも以前走ってござったきに、一路浪花の地まで愛馬に鞭をくれたぞよ。
皆の衆 伊良湖はよかとこぞ、海も山も(ってないけどよ)食べ物も モチおなごもよ
ヨカゾ!!!!

投稿時間:2009/10/13(Tue) 19:37
投稿者名:大欲情バイカー
タイトル:
伊良湖はメロン畑
追伸でござる。
旅の宿では、風呂が最高での。見渡す限り太平洋で右には神島、遥か向こうは鳥羽から賢島に至る山々が霞んでおるの。お湯に浸かりしばし空を見ておると、虹が掛かっておったわいな。夕陽を浴びて温泉にひたり空はあくまでも青く雲は筋状にたなびき下半身は湯の中上半身は風の中、あぁ〜日本人に生まれたり!!ヨカッペー
この温泉には夕方、夜、早朝と入ったがや、次回もこの宿に決め申したぞなもし。