[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2009/05/08(Fri) 23:03
投稿者名:黄金玉バイカー
タイトル:
旅は道ずれ股ずれッテカ!!
さて、旅の始まりは名神吹田から、そう何時も旅をする時高速を利用する時はここ吹田インターから始り始まり。いかにもバイカーらしく、おなご好いたインターでござるわいな。京都・大津・彦根・米原・小牧・経由東名浜名湖インターを降りて、天竜川沿いに北上、飯田に入る。何時も中央道を通るたびに下の道を走りたい欲望を達成してすっきりしたことでござる。やっぱ日本の谷間をなぞる旅にふさわしきバイカーでござそうろう。
やがて諏訪湖を右に見て松本盆地を目指す。そこは日本の臍なりきや!まだまだ前戯のようなものなりて、本番を夢見て松本の蕎麦を食らってこれからの英気を養う。
しかしいつ観ても松本城は質素で日本の城らしく男を感じるでござるよな。カン姉御の地元ゆえ悪さは控えて品行方正バイカーの本性なりきや!
まだ日は斜めでござるが、寄る歳並みに今日はここいらで宿屋を探すことといたした。
また、今晩の様子は明日に致そうとぞんずる。

投稿時間:2009/05/09(Sat) 22:10
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 旅は道ずれ股ずれッテカ!!
いよいよ始まったバイカー氏の旅日記。
ふむふむ、初日は松本入りとな。
どこへどうすり抜けて、どこの姫御を、どうたぶらかしながらの道中だったのか(笑)、
つづきを楽しみにしています。

投稿時間:2009/05/10(Sun) 20:28
投稿者名:さすらいのバイカー
タイトル:
旅は道ずれ股ずれッテカ!!
松本に入るまでに事柄は・・・・・。
浜名湖は遠近江と呼ばれる通りでかいわな。ロープウェーやら名物鰻やら欲望を捨ててひたすら一般道を北上し天竜村から飯田に入ったのでござるがな、結構な山道でバイク好きにはたまりませんな。上下左右にうねり、揺られて女体を走破、イヤ日本の折れ目を走る楽しさに酔っておったでよ。そして飯田からは中央道を左に見ながら、下の道をトロトロと風を感じながら香水に酔いながら・・・・・。
奈良井宿を見に行こうと、伊那で左折して国鉄中央線沿いを北上し奈良井宿に着く。
お昼をここで食する。丸い五平餅をなにやら味噌となんとか味噌の二種類の味を堪能す。
ソフトクリームを忘れたのだ!叉の機会にいたそうほどに、ここは北上し松本を目指す。
途中飛行場を廻って、市内に入る。
やっぱバイカーには都会が似合うでの。
殿!松本の夜は鼻血ブゥーでござるぞよ。夜がふけるとネオンも消える・・・・・・?
バイカーが来ることを言っておいたのであろうかや??悪さも歳とともにおとなしゅーなるものだがや。途中の香水とな!そう肥タンゴの香水じゃとて。(シュン!!)
さてさて明日は安曇野、であるな。数回走ってはごじゃるがな、バイカー冥利につきるわな。左は中央アルプス、右は蓼科高原、道はバイカーと同じく爽快そのものでござるよ。
鼻歌がついつい出てござった。「アルプス一万尺」「木曽節」等々・・・・。プロが裸足で逃げて、二度とは戻らぬバイカーの歌でござるよ。「プロ裸足」「素人泣かせ」とは拙者のことでござるよなもし。
ではでは、明日安曇野から白馬・・・・糸魚川へとワインディングロードを軽快に走るバイカーのかっこいぃー姿をご覧にいれようぞ!!!

投稿時間:2009/05/11(Mon) 23:38
投稿者名:毒気バイカー
タイトル:
Re: 旅は道ずれ股ずれッテカ!!
> 松本に入るまでに事柄は・・・・・。
> 浜名湖は遠近江と呼ばれる通りでかいわな。ロープウェーやら名物鰻やら欲望を捨ててひたすら一般道を北上し天竜村から飯田に入ったのでござるがな、結構な山道でバイク好きにはたまりませんな。上下左右にうねり、揺られて女体を走破、イヤ日本の折れ目を走る楽しさに酔っておったでよ。そして飯田からは中央道を左に見ながら、下の道をトロトロと風を感じながら香水に酔いながら・・・・・。
> 奈良井宿を見に行こうと、伊那で左折して国鉄中央線沿いを北上し奈良井宿に着く。
> お昼をここで食する。丸い五平餅をなにやら味噌となんとか味噌の二種類の味を堪能す。
> ソフトクリームを忘れたのだ!叉の機会にいたそうほどに、ここは北上し松本を目指す。
> 途中飛行場を廻って、市内に入る。
> やっぱバイカーには都会が似合うでの。
> 殿!松本の夜は鼻血ブゥーでござるぞよ。夜がふけるとネオンも消える・・・・・・?
> バイカーが来ることを言っておいたのであろうかや??悪さも歳とともにおとなしゅーなるものだがや。途中の香水とな!そう肥タンゴの香水じゃとて。(シュン!!)
> さてさて明日は安曇野、であるな。数回走ってはごじゃるがな、バイカー冥利につきるわな。左は中央アルプス、右は蓼科高原、道はバイカーと同じく爽快そのものでござるよ。
> 鼻歌がついつい出てござった。「アルプス一万尺」「木曽節」等々・・・・。プロが裸足で逃げて、二度とは戻らぬバイカーの歌でござるよ。「プロ裸足」「素人泣かせ」とは拙者のことでござるよなもし。
> ではでは、明日安曇野から白馬・・・・糸魚川へとワインディングロードを軽快に走るバイカーのかっこいぃー姿をご覧にいれようぞ!!!

投稿時間:2009/05/12(Tue) 00:10
投稿者名:股ずれバイカー
タイトル:
Re^2: 旅は道ずれ股ずれッテカ!!
何ともはや折角の芥川賞ものの旅日記が消えたぞよ。エラーだってよ。
「責任者デテコ一イッ」明日また直木賞でも狙って書くといたそうぞ。
予告  安曇野で出合った江戸から二人の鉄馬ツゥーリストの話やら・・・・ご期待申せ。
右側のオナゴは胸・尻の稜線がアルプスのようでの・・・・・・・!ご期待申せよ。
続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

投稿時間:2009/05/15(Fri) 21:49
投稿者名:胸の谷間バイカー
タイトル:
旅は道ずれ股ずれッテカ!!
そうここは安曇野、日本アルプスの谷間でござろう。そこで出合ったが運の幸運・・・・・。花のお江戸のおなご二人ずれ。こちとらぁ〜なにわの孤独なバイカー渋さ極めた二枚目バイカーとくれば、仲良くなるのが当然よ!!道の駅何とかでしばし歓談す。バイクの話は当然のこと、バイカーの昔話や女股旅の話から彼氏、バイカーの彼女、いろいろ話は尽きないがなにしろ二人ともゼファーのナナハンでござるので、バイカーの普段の足であるゼファーナナハンの話に花を咲かし、また日本の何処かで再開することを約束して右の彼女の谷間に惜別の情で別れたのでありんした。胸もそそられたのじゃが腰下の後姿もよかばってん。エンジ色のゼファーの彼女エエナァ〜!!日本の谷間で出合った谷間深き彼女を、忘れがたきを振り払い一路白馬へと向かうバイカーでありんした。
つづく・・・・・。

投稿時間:2009/06/10(Wed) 09:21
投稿者名:忘れた頃のバイカー
タイトル:
旅は道ずれ股ずれッテカ!!
白馬では何年か前の冬季オリンピックで使用したジャンプ台を見に行きました。
北アルプスの麓にあるジャンプ台は自然の山肌を削り何とも言えぬ曲線美!あのふくよかなわき腹の線を思い出させてくれまするぞ。
ジャンプ台の上からの眺めは高所恐怖症のバイカーにはちと荷が重かろうて。しかもここからスキーで滑り落ちて飛んでいくなどとは自殺ものでござろうて。
エッ!あんたの高速ブットバシのほうが危険とな。
人にはそれぞれ得手不得手があるもんじゃとて。
エッ!あんたの得意はアッチのほうだろうに!なるほど、皆の衆はそんな風に感じておるのですな。誤解でござる。妙齢のあなたの魅力が悪いのだ!バイカーはその力に屈してござろうよ。
わき道はこれくらいで、白馬の宿は冬季にはスキー客用のペンションで、季節はずれはあまりお客さんがいませんゆえ、大事にされますぞ。
ご馳走を腹いっぱいにして、夜遊びするところなどござらぬによって、宿の主人夫婦と会話を楽しんだでよ。
ここの主人もバイカーでござっての、宿の前には三台の愛機が鎮座しておったで、バイカーの鉄馬を見て「正統派の単車ですね。カワサキは私も好きですよ。」と言われておりんした。なるほど、主人の愛馬はカワサキW1とホンダCB1300と懐かしきヤマハDT250でした。ダブルワンには試乗させていただきましたがよ、なんともバイカー好みの爆音で、エンジンの中の爆発が感じられてよか心地でござったわ。
夜も飯を喰らいながら、酒を煽りながら、談議に花が咲いたのは言わずもがな。でごんした。年齢もほぼ同じで40台で脱サラして、今の仕事に就いたということで、出身は東北とのことで、寒さも慣れていられる様子でした。
翌朝は糸魚川までワインディングを颯爽と愛馬を御して川沿いの爽快な道を日本海目指して駆け抜けるバイカーでござ候。・・・・つづく

投稿時間:2009/06/25(Thu) 19:35
投稿者名:中足シビレバイカー
タイトル:
旅は道ずれ股ずれッテカ!!
白馬から糸魚川までの渓谷沿いの国道は、落石・なだれ防止のトンネルを幾ばかりか過ぎて平地に出れば、そこが糸魚川、太平洋から日本海までのフォッサマグマを巡る旅の終わりでやんす。今日の旅は日本の割れ目を旅するのが目的じゃったがの、割れ目はやっぱ○○○がよかばってん。林あり、森あり、湖あり。小高い丘もあってじゃな、それはそれは・・・・・でござったぞ。
さて、糸魚川からは一路北陸道から名神と乗り継いで爆音馴らして、いなないて、カラスを恐れずかっ飛ばし(カラスとは覆面パトカーでござそうろう)バイカーの縄張り、なにわ、なくてもおなごだべ。に夜も更けにて到着で万事めでたし、めでたし。
あまりに永く愛馬に跨っておったにて、血がかよわぬ所があってじゃな、これはおのこにしかわからぬがの、しびれておったのじゃ・・・・・そう!バイカーのセンターレッグじゃとて。まま、バイカーには珍しくもないことじゃきに。
そこの兄弟  使いすぎてしびれたのではござらぬぞ、跨り過ぎただけじゃきにの。ご安心くだされいや。
これにて一件落着・・・・・・ソウロング。さらばじゃ!

投稿時間:2009/06/25(Thu) 22:34
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 旅は道ずれ股ずれッテカ!!
お疲れさまでした。
バイカー氏の後を追うように、先日、同じような道を突っ走ってきました。
バイカー氏の山と谷の話とはほど遠く、こっちは若い男との二人旅。
色気もなにもあったもんじゃない(笑)。

金沢を目前にして、トンネルだらけの東海北陸道に入って行ったのですが、
富山で思ったことは、金沢だと言っていた、ねね姫ちゃんの事。
ももちゃんと時を同じくして、ねね姫も突然顔を出さなくなった。
こっちは訳が分からないから、どうしたんだろうと気にしていたんです。
ももちゃんも突然顔を出さなくなったが、先日(と言っても何ヶ月も前だが)四季チャットに久しぶりに顔を出してくれて、理由は僕が原因だと聞かされた。
ももちゃんの個人情報は守ってやる、という奉行としての気持ちが伝わらず、愕然としていたところでした。
たぶん、ねね姫も同じように、管理人に何か不満があったのかも知れないなと、そんなことを考えた富山でした。

早朝、富山を発ち、トンネルだらけの東海北陸道を南進する。
高山や白川郷は以前何度か訪れていましたが、岐阜県に入って先ず思ったことは、カモミールちゃんの事。
岐阜県だと言っていたが、岐阜県のどこなんだろうと辺りをきょろきょろしてみましたが、窓の外は山ばかりで、カモミールのイメージの素敵な女性は見つからなかった(笑)。

色気満々のツーリング日記、感想も書かずに読ませてもらっていました。