[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2008/08/18(Mon) 15:22
投稿者名:ヤッパバイカー
タイトル:
おつなものかえ一人旅
皆の衆くるしゅーない。もそっとちこうに。
船旅好きのバイカーは一人瀬戸内旅の風 九州やまなみハイウェー 想像していたよりずぅーっとよかことござるよ いいあんばいの気温と空気の美味しさ なによりあの草原の中を上下 左右に昇降、うねりつ 愛馬を駆ってイナナク声もどこか嬉しげ こんな時ほどバイカーがバイカーでよかったと思うときもない。
世間の憂さの捨て所。何処かで聞いた台詞など思い出し。沁みる温泉 癒させぬ
薩摩おごじょに見とれて曲がる 寄り道楽しや口説くも楽し。
枕が長くなり申した。
12日は大阪南港を夜出発ついたしたる。夜中の生ぬるい夜風を受けて波の音だけ心も騒ぐ。船中にて晩飯をくらい、酒など飲んで九州のおなごを想像する。
情に厚くて優しき気性を想っていました。(後日失敗の談あり。)殿 そう喜ばれるでない。
明くる早朝苅田から北九州〜小倉〜大宰府〜筑紫野〜福岡(夜の中洲)と旅は続く・・・。

投稿時間:2008/08/19(Tue) 11:37
投稿者名:太助
タイトル:
Re: おつなものかえ一人旅
船を下り、北九州に上陸。
今のところ、九州の女性からは被害届けは出てないようですが・・・(笑)。
鹿児島までの長い道すがら、なにがあったやら興味津々ですねぇ。

投稿時間:2008/08/23(Sat) 23:42
投稿者名:ひよこ
タイトル:
私もしたんですよ一人旅
太助さんと違い、私はこの夏北海道に行きました。
函館から北上して、北の果て稚内、そして礼文・利尻島へと。
函館のイカ、利尻のバフンウニ、タコしゃぶ等々おいしい物たくさん食べる事が出来ました。現地で食べるのやっぱりおいしいですね。冬は暖かいところに行きたいと思ってます。

投稿時間:2008/08/25(Mon) 21:59
投稿者名:太助
タイトル:
Re: 私もしたんですよ一人旅
これ、ひよこ姫!
九州の女性に振られて帰ってきたのは(笑)、僕じゃなくてバイカー氏ッ。
可愛い名前ににて、あわてものだなあ(笑)。

で、北海道に行って来たんですね。
稚内、礼文・利尻島かぁ。
映像でしか見たことないけど、自然の美しさときびしい部分を両方もっているような所みたいですね。
グルメ旅で楽しんできたようですね。

投稿時間:2008/08/25(Mon) 23:52
投稿者名:ひよこ
タイトル:
ホントだ!
勘違いしてました。初めての投稿に返信して下さった太助さんのことで頭がいっぱいで(笑)、勘違いしてました。バイカーさんもすみません。
私、パソコンに不慣れで余裕ないんです。ですから、これからもいっぱいこういったことすると思います。側で教えてくれる人もいないので(ペコリ)自信あります。

今夜こそ、茶所(四季)におじゃまして、お話ししたいと思っていたのですが、北海道旅行の時の稚内公園の「九人の乙女の碑」にまつわるテレビドラマがあったので見ていて機会をのがしてしまいました。
 ひよこは、明日・明後日は神戸に用事でまいります。帰宅しましたら、次回こそ早めに入城致します。おっちょこちょいのひよこですが、見捨てないで下さい(ペコリ) 

投稿時間:2008/08/31(Sun) 21:41
投稿者名:miti
タイトル:
Re: 私もしたんですよ一人旅
> 太助さんと違い、私はこの夏北海道に行きました。
> 函館から北上して、北の果て稚内、そして礼文・利尻島へと。
> 函館のイカ、利尻のバフンウニ、タコしゃぶ等々おいしい物たくさん食べる事が出来ました。現地で食べるのやっぱりおいしいですね。冬は暖かいところに行きたいと思ってます。

投稿時間:2008/08/22(Fri) 18:18
投稿者名:袖にされるもおつなものバイカー
タイトル:
Re: おつなものかえ一人旅
九州は約三年ぶりでごわす。
上陸していきなり愛馬がストライキをかます。何とかなだめて蹄の音も軽やかなリ。
どうやらにんじんが気に入らなかった様子、高価な朝鮮人参ばかり食べていたので、気分を害した模様でごわすな。
苅田から国東半島をめぐり、やがて平家最期の地関門海峡でござるぞ、バイカーも武士の箸くれ。スプーンでは何も食えないでござ候。
驕れる平家は源氏の復讐に合い、もろくも敗れ去ったこの地をシゲシゲと感慨に耽って眺めたものでござったわ。
海流は時間によって渦を巻くほどの速さの時もあるそうな。悪しくもバイカーが見ている間はそのような速さはなかってござるよ。
小倉の駅舎は古さが自慢で、かくいうバイカーも古さが自慢でごんすがの。小倉では小倉アイスをシャレッ気で食すが、糖尿にはあまり良くはないんでござろうか?
北九州は素早く抜けて今晩の目的地であるところの、「中洲」イヤイヤ福岡を目指し鞭を一振り・・・「いやぁ〜ん」とばかりにその足を速めて「ドコン、ドコン」と走り去っていくバイカーでござったわいな。
夕刻ホテルに着くやいなや、汗を流しオメカシおばいたして、何時ものようにホテルのボーイさんに「中洲はどこのお店がおもろいねんな」と関西まじりのおっさんがのたまうのでありんした。これが後で後悔するはめになるとは、トホホのホ  殿!喜ばれるのはご日にいたすによって、次回のお楽しみといたそう。  日本男児バイカー ばんざぁ〜い!ってか。

投稿時間:2008/08/25(Mon) 22:13
投稿者名:太助
タイトル:
Re^2: おつなものかえ一人旅
中州での出来事は、昨夜チャットで聞いて、笑ってしまいました。
意気投合する前に、妙齢な女性かどうかだけは確認しておいたほうが良さそうですね(笑)。
だけど、へたに確認でもしようものなら、
もし素敵な女性だったら、横っつら 張り倒されるしだろうし(笑)。

投稿時間:2008/08/29(Fri) 22:20
投稿者名:男にもてるバイカー
タイトル:
Re: おつなものかえ一人旅
これは本意ではないのでござるが、何故かもてるのでござ候。おなごではござらぬ、センターレッグがぶら下がっているあのいまいましい野郎である。
折角の中洲でのアバンチュールがホテルのボーイに「おもろい所」と聞いたのが悪かったのか、確かに楽しくはあるのでござるが、胸踊る、胸騒ぎのない、面白さはありんしたが、DNAがバイカーと同じとはつゆ知らず、なんとなく野太い声と整った胸に違和感はあったのでござるが・・・・・。「痩せても」我はバイカーで御座るゆえ、同性愛は趣味ではござらぬわ!!途中で気づいても後の大騒ぎ。時すでに丑三つ時、すごすごと去っていくバイカーでござったわ。普通はやね、なにわの地では「おもろい」所とは、そもそも遊べる所、すなわち・・・・ごたくは省いて、思いの丈が果たせる所なんだわさ。あにはからんや、こうなってはいかんともしがたく「天下のバイカー」ともあろう者が口説き文句の一言もなく殿の思惑通りに筋書きは書かれておった。というしだいでござ候。
「一人寝の夜」は膝を抱えて虚しき福岡の夜は更けていくのでござった。
さて、次回は気を取り直して、佐賀から長崎はハウステンボスえと続く旅日記でござる。
ご期待くだされい。

投稿時間:2008/08/29(Fri) 23:17
投稿者名:ひよこ
タイトル:
Re^2: おつなものかえ一人旅
バイカーさんの旅って、かなりキワドイものですね(笑)
一緒に付いて行ったら、おもしろそう。
男の人の一人旅って、いろいろあるんだあ。
スリルとサスペンス。次回も期待しています。

投稿時間:2008/08/30(Sat) 15:30
投稿者名:キワモノバイカー
タイトル:
Re^3: おつなものかえ一人旅
バイカーのバイク旅は際どいものでござるぞ。人生タイトロープを渡るが如し。一つ間違えれば、地獄の底が待っているのでござるきに。ひよこ姫、何時も成功とは申さぬが、試してガッテン!当たって砕け散るのもよかろうて。
佐賀はまっ平いらな草原があって、毎年冬になると熱気球の世界大会があるそうな。空一面に気球が舞い上がるそうな。次回は冬に訪れようかと思う。壮観な熱気球の舞う景色を見たいものでござるよな。
伊万里焼を見たのでござるがバイカーには「殿に美女」イヤ猫に小判でごわす。
ここは長崎、ハウステンボスに来てござる。運河が巡り、建物はバロックロココ調でその風情はオランダのようでござったな。海辺には港があって平戸から九十九島を巡った船が港から直でハウステンボスに入れるとのことでごんす。大村湾の北の端で長崎よりむしろ佐賀、福岡のほうが近いと感ぜられる。運河を巡る船に乗って見える景色はなんとも異国情緒たっぷりで、そこを日本人ばかりが歩くのも変なぐわいでござるかな。
ここから長崎は遠いのでながいはできぬと大村湾を南へと下り長崎に入り候。
思案橋で思案などせずとも、美味しい酒とおなごは星の数ほどござろうて。
長崎の地で星を眺めて、誓いの言葉「今夜こそ!」

投稿時間:2008/08/30(Sat) 21:23
投稿者名:ひよこ
タイトル:
旅に求めるものは何ですか?
 キャー 素敵!パチパチパチ(大喝采)
バイカーさんにテレビの旅番組1本まかしてもらいたいなあ。
いずこの地もロマンあふれる素晴らしい処として視聴者の目に耳に入ることでしょう。
 ひよこも遙か昔に同じくハウステンボスに行きました。ホテルヨーロッパでバイオリンの生演奏がされてて、その音色にとても感動した事を思い出しました。
 訪れたことのある場所もバイカーさんのお話を聞くと、
薄れていた過去の旅の記憶が「そうだったなあ、そういう良さもあったなあ」と
輝きを増してよみがえってきます。

> 思案橋で思案などせずとも、美味しい酒とおなごは星の数ほどござろうて。
> 長崎の地で星を眺めて、誓いの言葉「今夜こそ!」

の結末も聞きたいなあ!

バイカーさん、さすらいの旅は何を求めての旅ですか?旅の先にあるものは?
ひよこがこのようなことを伺うのは、百年早いかな?

投稿時間:2008/09/02(Tue) 21:29
投稿者名:直木賞バイカー
タイトル:
Re: おつなものかえ一人旅
昨日折角の大作をサーバーエラーに消されてしまったのだ。
芥川賞がだめなら直木賞をとればよいではないか!
ひよこ姫に質問されていたこと、旅の目的とは何だろう??
おなごとの会話、然り、凸との会話、然り、自然との会話、これまた然り
愛馬との会話もあり。でもなにより自分との会話がいと楽し
長崎ではすごく楽しくお話ができました。大阪出身の30台半ばの綺麗というよりは、可愛い、というよりはバイカー好みの成熟するちょっと前の言葉では説明できんでのぉー。
楽しくも去りがたきお店でござったわ。ママ一人で切り盛りしてござった。
長崎では人には聞かず、ふらっと入った「小さなスナック」。どこかで聞いたことのある台詞でござる。泊まったのは浦上天主堂の近く、長崎プリンスホテル。プリンスとは「王子」と訳せばよいかのぉー。バイカーにはピッタンコの名前だがや。
長崎の町並みは坂、坂、坂のなんとも坂の中に町がある風情でござったわ。
活水女子大、(女子大とはなんとも昔々よく冷やかしに入っては守衛に怒られたものでした。)の近くのオレンダ坂、イヤ、オランダ坂石畳で雨が降ると滑りそうな坂でごんしたぞ。女子大生がころんだら・・・・・・。白、黒、黄、またはレースと考えるまでもなく一目瞭然!!よからぬ、イヤ、良き事ばかり想像してしまうのはバイカーばかりかな??長崎は今日も雨だった。なんてのもわかる気がすらぁーな!
今では懐かしき市電が通る町並み。出島には行かなかったが、異国情緒がなんとなく漂う長崎。原爆ではこの地形が幸いしたらしい、すり鉢状の地形。稲佐山からの絶景の夜景!
九州では中洲より丸山でござるよ。
人情も厚く、ママのかわゆい顔が今でも浮かんできまするぞ。
歌など歌って、バイカーの歌はプロが裸足で走って逃げるほどなのだがや!天は二物を与えたがや。
丸山外れの小さなスナック、旅はいいもんでござるぞ。景色は綺麗し、おなごは天使だし、水や空気も人も良く見えるでのぉー。チャンポン・皿うどん、とにかくうみゃーだがや。
今日は長崎から雲仙の裾野を走って、途中で小浜とか言う温泉で休んでフェリーで熊本へ。あんたがた何処さ熊本さ!清正が愛した熊本へ進路をとりんす。
次回は熊本からアッソ!麻生次期総理、ではない阿蘇へと人馬は進むぅー。バイカー憧れのやまなみハイウェーへと続く・・・・・・・。

投稿時間:2008/09/09(Tue) 22:04
投稿者名:日本晴れバイカー
タイトル:
Re^2: おつなものかえ一人旅
さて、今回は長崎より阿蘇まで、九州を横断する道すがら。
小浜という温泉地は海岸淵で海を見ながら、(本当は混浴を楽しみたかったのだ!)
ゆったりと雲仙の麓のお湯を楽しんで、不知火海を左に見ながらフェリー乗り場へと向かった。フェリーは昼寝をむさぼりながら、熊本へ・・・・。児玉スイカで有名な植木を通り、我が憧れの天草四郎時貞、田原坂を素通りして、熊本へ入る。お城は綺麗になったのだが、なにか白黒がはっきりと鮮やかで、平成の熊本城でありました。ソフトクリームをお城で食べて、水前寺公園の前のカレー屋でインドカレーを食べる。なんで熊本でカレーなのか判らぬままにふつーの公園水前寺を後に、阿蘇へと向かう。
夕方になって阿蘇に着いたのだが、バイカーの好きな観光名所は無いのですわ。
夜は一人で脛の垢を肴に熊本焼酎を飲む。
今考えれば何やら怪しき原料かもしれないが、とにかく酒は一人寝の夜には欠かせぬでな。今日は年甲斐も無く長き旅路でござったので、酔いに任せて早くに夢の中・・・・・
長崎のママの夢でも見ながら・・・・・・。
明日は日本晴れの阿蘇、草千里、周りを囲む外輪山、火口の直径がながぁーい阿蘇の頂、そして今回のたびの目的でもある、ヤマナミハイウェーへとつづく・・・・・・・。

投稿時間:2008/09/10(Wed) 19:04
投稿者名:真髄バイカー
タイトル:
Re^3: おつなものかえ一人旅
今日は早起き(だって夜が寝るためにあることを知らされたんですもの)草千里から阿蘇の噴火口へと走り、草千里は別に何ともなかったのであるが、火口はすごいです。すり鉢状で地獄の底までまっしぐら。硫黄の香りが漂って、煙でもなく蒸気でもない、白い浮遊物が底から青空に上がっています。感動!暫らく佇む。イオウソフトクリームはなくて、諦める。
火口より外輪山に向かって愛馬に鞭をくれる。ドコドコドコドコ・・・・・今は何処!
うねりうねりて、我が人の道なりき。後ろは振り向かず、ただひたすらに前を目指す。
前だけを見て走ることをば、「向こう見ず」と言いますが、バイカーは向こうばかり見ているので、向こう見ずではないのでありんす。
やまなみハイウェーは予想通りすばらしく爽快なり。今回の愛馬はターンパイク向きではないのでござるが、それはそれなりに楽しめるのでありんす。がり股で峠を攻めるバイカーは不恰好なれど、そこは顔でカバーいたすで、ご心配はござらぬわい。ナヌ〜、顔も含めて心配とな!これ如何に!顔が出ないバーチャルって好き!!ジーチャルは顔が指すでのぉー。
途中、景色に感動すること草草、イヤもとい、しばしば。ご同慶の皆様、熊本においでの節は是非この道を走ってくじゃれや。車よかーなるべくは鉄馬がよかろうて。
今日は今日とて温泉じゃがな。かの有名な「湯布院」でずら。湯の香漂う、よかとこでごんす。日のある内の温泉は二回目でござるが、バイカーの一糸まとわぬ姿がよく見えるでのぉーこりゃまたおつなものでござるきに。
最近の湯布院は観光化されていて、昔ののどかで、人の情けが沁みる風情ではなくなってはおるがの。
滑々お肌になって、気分一新、夜の街、ゲップ、イヤイヤ、別府へと鞭を入れるバイカーであったのだ。
夜の別府は次回と致そう・・・・。楽しみは、ながぁーく延ばすほどいいもんじゃでな。