[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2007/12/10(Mon) 18:42
投稿者名:罰当たりバイカー
タイトル:
続サマーバケーション
あの夏の日の火災記念日はバイカーが琵琶湖周遊の終る頃、長男から電話があり、「家の隣が鍛冶屋、イヤ火事や!」の一言で天国気分が一転地獄の沙汰になりました。
一人で楽しんだ罰が当たった。・・・・イヤイヤ一人で楽しむなんぞいつものことや。・・・・・その時の会話「で、今なにしてるんや?」「ホースで水撒いてる」「何か大事なものはあるか?」「アホ!大事なもんはお前の命や!はよ逃げろ!!」あぁ〜後の祭りとは・・・札束が・・・・。欲の深さは日本海溝の底の底。
親父は?お袋は?心配なれどとにかく今は急いでお家へ・・・ゼファーのエンジンに鞭を入れて・・・・。着いて驚くこと大火災である。48台の消防車が十重二十重と取り囲みなかなか現場には入れてくれない。無視して我が家を見るとまだ火が移ってない。助かったかな?でも神様はバイカーを許してはくれなかった。
発火より三時間も経過して我が家に火が移る。実に五時間以上も燃えていました。
賠償金も法律の不備で貰えないし、保険だけが頼りです。
皆様も保険だけは十分に入ってくださいよ。
かの四十枚の札束は日本銀行で検査の結果十五枚だけ確認できて戻ってきました。
競馬の勝率並か。と諦める。すべてカーボン化した日本銀行券は日本銀行でしか換金できません。しかも十分に確認できたものだけですよ。くれぐれも諦めて握り潰したらだめですよ。それこそ「全ては灰」になりますから。
最後に、バケーションに出かける前には十分に火の用心を”!!!!